連載
» 2020年10月11日 21時00分 公開

意味がわかると怖い話:「笑うテディベア」(2/2 ページ)

[白樺香澄,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

「笑うテディベア」解説

 ぬいぐるみの電源回路を改造したのは何者で、何の目的でそんなことをしたのでしょうか? ……そもそも、ぬいぐるみが電池を抜いても笑っていたのは霊現象ではなかったのですから、「知り合いの霊能者から言われたこと」として、〈Y美さん宅のぬいぐるみに妙なことが起こっていた〉事実をすらすらと言って聞かせ、執拗にぬいぐるみを回収しようとしたM子さんの行動の意味は、変わって見えるのではないでしょうか?

 そう、ぬいぐるみにはM子さんによって、盗聴器が仕掛けられていたのです。おそらくは、Y美さん夫妻がそろって家を空けていた新婚旅行の時にでも。盗聴器はぬいぐるみの電池から電力供給を受けて作動するようになっており、電池切れで電源が落ちて出力設定がリセットされないために予備電池が必要だったのです。

 M子さんが夫妻を盗聴していた理由――それは彼女が「少々、過保護なほどT哉さんを可愛がっていた」ことと無関係ではないのでしょう。

 怪しまれてぬいぐるみを調べられれば盗聴がバレてしまうと焦って、M子さんはありもしない霊能者の話をでっち上げ、証拠隠滅を図ろうとしたのです。最後のチャイムの音は、おそらく……。

呪われたぬいぐるみといえば

 「呪われたぬいぐるみ」というと、多くの方が思い出すのは映画にもなった「アナベル」ででしょうか。映画では不気味なビスクドールでしたが、実物は布製の愛嬌のある少女のぬいぐるみ(絵本のキャラクター)です。

 アナベルを呪いの人形として「売り込んだ」心霊研究家のウォーレン夫妻は、金儲けのためさまざまな怪奇現象のでっち上げに関与したことが知られており、今日伝えられる「アナベルには悪霊が憑いていて、持ち主の少女を殺そうとした」という話も、数パーセントでも事実が含まれているかすら怪しいもので……。ただ夫妻が「悪魔祓(ばら)いした」と称したのちも、アナベルが安置されたケースを叩いたり彼女を放り投げたりした人が不幸な死に方をしたと言われています。

 もっとも、それらが仮に実話だったとして、それは単に「呪いの話を聞いたうえで、わざと呪われるようなことをパフォーマンスとしてやってみせるような、自分を勇敢に見せたい気持ちが強くやや思慮に欠けた人」は、無茶な運転をして交通事故に遭うといったトラブルに巻き込まれやすいだけのような気もしますが。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声