ニュース
» 2020年10月12日 07時30分 公開

「俺、この戦いが終わったら……」100%イヤな予感しかしない言動ばかりを集めた『死亡フラグ図鑑』がついに完成(1/2 ページ)

故郷で待つフィアンセの写真を見せられる側の身にもなってほしい

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 「俺、この戦いが終わったら結婚するんだ」。アニメや映画でこんなセリフが聞こえたら、「あ、こいつ死ぬな……」と誰もが確信するでしょう。そうしたいわゆる「死亡フラグ」ばかりを集めた本『明日から使える死亡フラグ図鑑』が10月12日に発売されました。作者は、イラストレーターの茶んた(@Chanta_in_inari)さん。


死亡フラグ どう考えてもこいつやられる

 Twitterで面白いものからかわいいものまでさまざまなイラストをアップしている茶んたさんが2019年9月、「死亡フラグ図鑑作りたい」とつぶやき反響を呼んだことがきっかけで書籍化に至ったものです。



 ツイートに添えられた「噛まれた人」や「薬打ってデカくなる人」などのイラストは、どれも幸せな展開が期待できないものばかり。書籍版の『死亡フラグ図鑑』では、さらに緊迫感が増した(?)イラストとともに、その言動がいかに「死亡フラグ」を立てるものであるかが解説されています。


死亡フラグ たぶん主人公の怒りをかきたてるために散る

 例えば「病を患っている師匠」。もうタイトルからしてすぐ死ぬ気配ビンビンですが、病気にかかりながら主人公に「まだ教えなければならないことがある」という師匠、これはもう、必ず死にます。というか、散りますね。思い出せないけど、なんかのマンガで見た。


死亡フラグ そして翌朝、彼女は……

 「犯人はおそらくこのなかにーー」。悪天候で外界と隔たれたペンションなどで事件が起きたとき、リビングに集まった人々が疑心暗鬼になる場面。そんなとき「もういや! 殺人鬼がいるかもしれない部屋に居られないわ!」と、ひとり部屋を出ていくのも、もはや古典となった死亡フラグです。次の犠牲者は絶対に彼女ですやん。分かっていても止められない。それが、おまえたちの夜。


死亡フラグ 目を狙う以外にない

 おもにゲームでみられる死亡フラグとしては、「明らかに弱点があるモンスター」があります。巨大な目、翼、複数ある頭……などなど。もう、「ここにカーソルを合わせろ」と言わんばかりに弱点が露出したデザインになっているのです。体を狙ったときは全然きかなかった攻撃が、申し訳ないくらいにきいてしまう。哀しき運命(キャラデザ)を背負ったモンスターたちのフラグです。


死亡フラグ たぶんだけど手がつけられなくなる

 現実世界にもいそうなのが、「我が社のセキュリティは万全」と言い切るエンジニア。これは外部から侵入されて、システムを乗っ取られるやつ。メガネをクイックイッとしながら「暴走なんてありえませんよ」なんていうキャラが登場したら、逆にいつ暴走するのかな? と楽しみになってしまうのが人間のサガというものです。

 『死亡フラグ図鑑』にはこの他にも、死亡フラグが盛りだくさん。「あるある」と笑いつつ、思わず口にしてしまわないよう気を付けたいですね。本記事のラストには、今日発売の単行本から「試し読み」ページを掲載。読めば読むほど生存率があがるかもしれませんよ!


【試し読み】『死亡フラグ図鑑』より「死亡フラグ」をビンビンに立てた人たち

死亡フラグ 敵にやられる前に自分でケガしそう
死亡フラグ もう2度と会えない人
死亡フラグ このあとすぐに巨大なボスが現れる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」