ニュース
» 2020年10月12日 19時30分 公開

「やべえ漫画が始まった…」 猫にモフられると猫になってしまう衝撃作『ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット』にネット震撼

世界は猫に支配された。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 モフモフされたら猫になる! ゾンビの恐怖と猫のかわいさが融合したカオスな漫画「ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット」が月刊コミックガーデン/MAGCOMIにて連載開始し、とんでもない作品が始まった……とネットを震撼(しんかん)させています。




 『ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット』は、ホークマン(原作)/メカルーツ(作画)による漫画作品。人間を猫に変異させる恐怖のウイルスが蔓延した地球を舞台に、生き残った人類の戦いを描くサバイバル漫画です。……多分。

 「猫にモフモフされたら猫になる」というメルヘンな設定にもかかわらず、絵のタッチは緻密に描き込まれた劇画調。主人公も渋カッコイイ無骨な男で、だけど実際は猫が大好きすぎて「嫌われたくない……!」と葛藤しながら戦っているという、ギャップにギャップを重ねたカオスな読みごたえに魅了される人が続出。なんなんだこれは……と公開早々Twitterで話題をよびました。





 猫たちは徒党を組んでモフモフしようと人間に襲い掛かり、たとえ建物の中に逃げ込んでも、窓の外から「入れて入れてー」とガラスを引っ掻いてきます。果ては狭い隙間を見つけて液体のようにスルリと入り込んでくるのです……。ああ……かわいすぎる! 捕まれば人間でなくなってしまうヤバイ状況なのに、相手が猫だから妙にほのぼの。そんな緊張と緩和に思わずクスリと笑えます。



あなたは猫(をモフモフできないこと)の恐怖に耐えられるか!!!?

 また前述したように、主人公のクナギは猫を愛する男。猫から逃げるために水をまきながら「駄目だ! これ以上は俺の心が持たん!」と男泣きする姿は、申し訳ないけど面白い。すなわち彼の性格は、“猫と戦う”という、ともすれば猫好きのヘイトを買いそうな行為を共感と笑いに昇華させているのです。私はもう、1話を読んだだけでクナギのことが大好きになってしまいました。猫よりアンタの方がかわいいよ!

 果たして人類が再び猫をモフれる日は来るのか……? 新感覚ゾンビサバイバル「ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット」は月刊誌・月刊コミックガーデンおよびweb漫画サイト・MAGCOMIにて連載中です。





Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」