ニュース
» 2020年10月12日 11時15分 公開

東本願寺が「キャッシュレスお賽銭」に対応 専用端末を使って参拝者がクレカ決済

お寺にもキャッシュレスの波がやってきた。

[ねとらぼ]

 京都・東本願寺(真宗本廟)境内と大谷祖廟で、10月12日よりクレジットカード決済でお賽銭が納められるようになりました。「懇志専用決済アプリ」を使用した端末で、参拝者自身が決済を行います。

東本願寺 「懇志専用決済アプリ」を導入 お賽銭の額を入力して決済!

 クレジットカード決済の導入は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染予防対策の一環で、同時に利便性の向上を目的としたもの。参拝接待所窓口、渉成園窓口、大谷祖廟事務所窓口に専用端末を設置し、決済に対応します。

東本願寺 「懇志専用決済アプリ」を導入 専用端末を使用して決済を行います
東本願寺 「懇志専用決済アプリ」を導入 数珠などの購入もクレジットカード決済が可能に

また、10月下旬からは、窓口で取り扱っている読経志、納骨志、出版物冥加金など、参拝にまつわる費用もレジでクレジットカード決済できるように対応する予定です。

 東本願寺を本山とする真宗大谷派では、2023年を目標に全国の事務所(教務所)でも同様にクレジットカードを使用できる環境を整えていくとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10