ニュース
» 2020年10月12日 15時29分 公開

「大ベルセルク展」2021年に開催 クラウドファンディングで100万円支援のリターンに「ドラゴンころし」レプリカも

2021年1月30日〜2月15日に東京・池袋で開催。

[ねとらぼ]

 人気漫画『ベルセルク』(著:三浦建太郎)の連載30周年を記念した「大ベルセルク展」の開催が決定しました。2021年1月30日〜2月15日に、池袋サンシャインシティ(東京・池袋)展示ホールAで開催です。

大ベルセルク展 大ベルセルク展

 ベルセルク年代記やカバーアートコレクション、「名言」「名シーン」コレクション、登場キャラ名鑑、立体物、作中名所ジオラマ、実物大キャラクターなどの展示を予定。

 同イベントで主人公・ガッツの好敵手の一翼「不死者」ゾッド(使徒形態)を等身大に近いスケールで立体化するべく、クラウドファンディングも実施しています。

ゾッド立体化のクラウドファンディング

 目標金額は1000万円で、100万円支援コース(3人限定)ではリターンとして、全長約2.3メートルの「ドラゴンころし」レプリカも用意。記事執筆時点で既に2人が申し込んでいます。

ガッツとドラゴンころし
「ドラゴンころし」レプリカ(クラウドファンディングのページから)

三浦建太郎さんコメント

 アニメと白泉社関連のイベント以外は、10周年、20周年どころかサイン会の一つすらすっとばしてここまで来てしまいました。ツイッターもブログも無い、現代の漫画家としてどーなのよ、と言われても止む無し。

 ですが今回の30周年は一味違います。溜りに溜った原画の展示もさる事ながら、ベルセルク愛をこじらせたスタッフ一同の手により、楽しい“蝕ランド”が具現化しそうです。コロナ禍の厄払いに“彼なりし亜の刻(とき)、亜なりし彼の地へ”皆様お誘い合わせの上お越し下さい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.