ニュース
» 2020年10月12日 21時30分 公開

Facebookが玉ねぎの写真を過度に性的と誤判定して広告停止 「セクシーなタマネギ」として売り出し注文殺到

そんな風に見えますか?

[関口雄太,ねとらぼ]

 野菜の種などを販売する園芸用品店が、玉ねぎの写真を使ってFacebook広告を出稿したところ、機械判定で「過度に性的」と扱われて広告停止になってしまいました。

Facebook広告が玉ねぎの写真を過度に性的と誤判定して広告停止 「セクシーなタマネギ」として売り出し注文殺到 「過度に性的」として扱われたことを報告(画像はFacebookより)

 カナダの園芸用品店「The Seed Company by E.W. Gaze」が、Facebookページで広告停止措置を受けたことを報告。停止扱いになった広告画像には、山積みになった玉ねぎが映っています。停止理由は「過度に性的」とのこと。

 玉ねぎは「ワラワラオニオン」という品種のもので、日本で販売されている玉ねぎとあまり違いがないように見えます。同店は、投稿のリプライで「よくわからない人もいると思いますが、Facebookは写真をこんな風に解釈したのではないでしょうか。心が汚れているみたいですね」とユーモアを交えてコメント。コメントに添えた写真では、水着で横たわる女性と、その胸の位置に玉ねぎの写真が重ねられています。玉ねぎの丸い形と肌に近い色で、人間の裸だと誤解されたのかもしれません。

 Facebookの責任者は海外メディアの取材に対して、「Facebookではヌードを排除するために自動化技術を使っています。しかし時々、ワラワラオニオンのような予期せぬことが起きるのです」「広告は復元しています。トラブルがあり申し訳ありません」と説明しました。

 ちなみに広告停止後、同店がWebサイトに「セクシーな玉ねぎ」としてワラワラオニオンを掲載したところ、3日間で過去5年間以上に売れ、予期せぬ好調な売れ行きだったと海外メディアで語っています。


Facebook広告が玉ねぎの写真を過度に性的と誤判定して広告停止 「セクシーなタマネギ」として売り出し注文殺到 売れ行きは好調とのこと(画像はFacebookより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」