ニュース
» 2020年10月14日 12時00分 公開

「たらこ!たらこ!たらこ!」「カルボ!カルボ!カルボ!」 パスタの語彙力を捨てたローソン、SNSでの話題は「狙い通り」?

「ボロ!ボロ!ボロネーゼ!」のジョジョ第5部感よ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「つぶつぶ!たらこ!たらこ!たらこ!」「濃厚!カルボ!カルボ!カルボ!」「ぎゅっと!ミート!ミート!ミート!」――ローソンオリジナルのパスタが、語彙力皆無のネーミングで話題です。勢いに押されて手に取ってしまいそう。


ローソン つぶつぶ!たらこ!たらこ!たらこ!

ローソン 濃厚!カルボ!カルボ!カルボ!

ローソン ぎゅっと!ミート!ミート!ミート!

 ウリをシンプルにアピールする一連のパスタは、9月から10月にかけて発売された新商品。「エビ!エビ!エビ!モッツァレラトマトクリームの生パスタ リングイネ」に至っては、「エビトマトクリームにエビを3尾トッピングし、更にエビオイルをかけることで、見た目・香り・味で大満足のエビエビエビ体験です!」と、説明文までノリノリです。声に出して読みたい。


ローソン エビ!エビ!エビ!

ローソン ボロ!ボロ!ボロネーゼ!

ローソン チーズ!チーズ!チーズ!

 ほかにも「ボロ!ボロ!ボロネーゼ!」「チーズ!チーズ!チーズ!」などとパワフルに連呼する商品は、「みんながデザインにとやかく言ったせいでローソンの知性が下がった」(関連記事)とするジョークツイートがきっかけで、広く注目を集めることに。「こういうのでいいんだよ」と受け入れる人や、「仮面ライダーオーズ」の変身音や「亜空大作戦スラングル」の主題歌を連想する人、商品名に曲を付けてしまう人などが集まり、スレッドを賑わせました。

 ネーミングの意図をローソンに聞いたところ、「SNSで話題になることも狙い、今回のネーミングにいたしました」とのこと。同様の思考が働いているのか、「マチノパン」シリーズの新作にも「チーズ!チーーーズ!」が登場しています。


ローソン こっちは「メディーック! メディーック!」みたい


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10