ニュース
» 2020年10月14日 20時00分 公開

「あけてー」と呼ぶ声が、わが子じゃない 自宅で「何か」に遭遇してしまった母の「怖い話」漫画に背筋が凍る (1/2)

【閲覧注意】ドアの向こうに「何か」がいる

[ねとらぼ]

 3人のお子さんを育てるツマ子(@tumakonofamily)さんが、自宅で起きた恐怖体験について漫画にしています。怪談が苦手な人は閲覧をお控えください……。


育児漫画エッセイ

 ツマ子さんの家には、4歳のイチローくん、双子のイチコちゃんとニコちゃんがいます。その日の夜ツマ子さんは、2階の寝室で双子が入眠するのを見守ったのち、イチローくんが1階のトイレに行って戻ってくるのを待っていました。

 1階につながるドアの前、眠そうにしていたツマ子さんの耳に、ふと「あけてー」という声が聞こえてきます。「あけてー」「あけてー」と繰り返し言われるので、何か様子がおかしいと思い、「イチロー?」と名前を呼びますが、「あけてー」という返事しか返ってきません。

 「あけてー」「あけてー」……返事もなく繰り返されるその言葉に、ツマ子さんは「これ イチローじゃない」と確信してしまったのです。


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ

 「あけてー」は続いています。しかし一度イチローくんではない気づくと、最初は高い子どもの声に聞こえてきた「あけてー」が、全て違う種類の声に聞こえてくるのです。これは人ではない何かだ、と感じたツマ子さんは、自らの身の危険より、トイレから戻ってきたイチローくんが声の主と鉢合わせする可能性が恐ろしくなってきました。なんとしてもイチローくんが戻る前に、ドアの前にいる「何か」を追い払わなければいけません。


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ

 そう思い、ドアに向き直ったツマ子さんは、さらにもうひとつの事実に気付きます。それはドアの下、床との間からわずかに見える影の数が、ひとつではないということでした。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」