ニュース
» 2020年10月14日 20時00分 公開

「あけてー」と呼ぶ声が、わが子じゃない 自宅で「何か」に遭遇してしまった母の「怖い話」漫画に背筋が凍る(2/2 ページ)

[ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

 「何か」がたくさんいる。ツマ子さんは声に返事をし始めました。「あけてー」「あけてー」に対し、怒気を強め、「だめ」「開けない!」と返し続けたのです。


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ

 するとドアの向こうの何かは、「なぁんでー?」と、初めて違う言葉を返してきました。

 ツマ子さんはぞっとするような恐怖を味わいましたが、ここでひるんではいけないと思い、「開けない! 今すぐそこから立ち去れ!!」と大声で叫んだそうです。


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ

 しばらくすると、ドアが開きました。そこには不安そうにしているイチローくんがおり、ツマ子さんは安堵のあまりイチローくんをぎゅっと抱きしめます。どうやら「何か」はドアの前から去っていったようです。


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ

 しかし翌朝、イチローくんが不意に「ねーママ」と話しかけてきました。ツマ子さんが話を聞くと、「くものひとどこいったの?」と言うのです。「ホラ、きのう2かいにいた、足がいっぱいのひと。むしのクモみたいやったやん」

 その一言で、ツマ子さんはぞっとしました。あの夜ドアの向こうに見えた影は、「たくさんの何か」ではなく、「1つの身体に足がたくさんある何か」だったのです。


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ ドアの前にいた「くものひと」

 イチローくんにその後くわしく話を聞いたところ、イチローくんがトイレから戻るとき、寝室のドアの前にいた「くものひと」は、ちょうど隣室に入るところだったといいます。寝室の隣は、長く片付けていなかった物置部屋だったそうです。ツマ子さんは部屋が整理されていないことが「何か」が出てきた原因かもしれないと思い、それ以来掃除や換気を心掛けているといいます。

画像提供:ツマ子(@tumakonofamily)さん

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  2. /nl/articles/2110/15/news016.jpg 棚の上で転がる猫、次の瞬間→飼い主「ウワァァァ!!!(驚)」 飼い主の顔面に落下した猫ちゃんの映像が衝撃的
  3. /nl/articles/2110/14/news129.jpg 福原愛の元夫・江宏傑、4歳娘のバースデーショット公開「ずっと大好きだよ」 日台からお祝いコメントが殺到
  4. /nl/articles/2110/15/news030.jpg 学ラン男が実は美少女で結婚を約束した幼なじみで妹で余命半年だった! “あるある”を詰め込みすぎたラブコメ漫画が情報量だけで笑う
  5. /nl/articles/2110/14/news111.jpg 国鉄コンテナに「住める」だとぉぉ! JR東日本が鉄道コンテナ型ハウス、マジで発売 1台297万円から
  6. /nl/articles/2110/14/news017.jpg 猫「おう、帰ったか。で、メシは?」 帰宅難民となった飼い主を迎える猫のデカイ態度に思わず笑ってしまう
  7. /nl/articles/2110/15/news142.jpg 市川海老蔵、長女・麗禾のテレビ出演を見届ける 「もう、なんか涙」と愛娘の晴れ姿にうるうる
  8. /nl/articles/2110/15/news087.jpg 「日本で一番歌が上手い愛理ヲタ」 鈴木雅之、グッズフル装備で鈴木愛理のライブに参戦する姿がめっちゃ楽しそう
  9. /nl/articles/2110/14/news012.jpg 殺処分待ちだった子犬と家族に、はじめは不安げな表情だったが…… 少しずつ笑顔を見せる元保護犬の漫画に共感集まる
  10. /nl/articles/2110/14/news068.jpg お父さんとお母さんの帰宅に喜びあふれる柴犬 かわいすぎるお出迎えに「笑顔になる」「しっぽ取れちゃいそう」

先週の総合アクセスTOP10