ニュース
» 2020年10月14日 14時43分 公開

ヤフー、違反コメント投稿者に対する措置を強化 再取得IDでも携帯番号が一致すれば投稿不可に

「Yahoo!ニュース コメント」の健全化に向けた取り組み。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 ヤフーが、Yahoo!ニュースの違反コメント投稿者に対する投稿停止措置を強化すると発表しました。

違反コメント投稿者に対する投稿停止措置を強化します

 Yahoo!ニュースでは2018年6月から、法令に違反するものや、誰かを著しく傷つけたり攻撃したりするようなコメント、報じられているニュースとの関連性が薄いコメントなど、不適切なコメントを複数にわたって投稿したアカウントは、それ以降の投稿ができなくなる措置をとってきました。しかし、投稿停止になったユーザーが、新たにYahoo! JAPAN IDを取得し、不適切なコメントを繰り返す行為が確認されています。

 Yahoo! JAPAN IDの新規取得には、携帯電話番号の登録が必須になっていることを活用。過去に投稿停止措置を受けた携帯電話番号の所有者が、Yahoo! JAPAN IDを再取得した場合でも、コメントの投稿が制限されます。

 なお、今回の措置はコメントの投稿のみを制限の対象としています。コメントの閲覧や、「そう思う」「そう思わない」ボタンの投票については引き続き利用が可能です。また、「Yahoo!ニュース コメント」以外のサービスも利用できます。

 「Yahoo!ニュース コメント」は、ユーザーがニュースを通してさまざまな意見に触れ、新たな視点を得るきっかけを作ることを目的として2007年に提供開始したサービス。同社は、専門チームによる人的なパトロールやAIの利用で、不適切な投稿を1日平均約2万件削除するなどへの対策を行っています。

コメントという文字を写した画面の写真 Werner MoserによるPixabayからの画像

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.