ニュース
» 2020年10月14日 16時26分 公開

本文にたどり着かねえ! Googleレンズの読み上げがはがきの予想外な部分を読み始める動画がじわじわくる(1/2 ページ)

途中で読み疲れちゃってる。

[コンタケ,ねとらぼ]

 Googleレンズの読み上げ機能をセコムからのお知らせハガキで試してみた動画が、予想外の展開で始まって予想外のまま終わる大変シュールな映像となっており人気です。何回もリピートしてみちゃうやつだこれ。



 Googleレンズは、スマートフォンのカメラに写っているものさまざまな形で調べられるアプリ。写っている文章の翻訳機能や、写っているものをAIが判断して検索してくれるなど、さまざまなことができます。

 そんなGoogleレンズの「読み上げ機能」を使って、セコムから届いたお知らせハガキを読ませてみたのが今回の動画。「開封のしかた」の部分を読み上げさせてみたところ、Googleレンズの反応は……

セココム、セコムセコムセコムセコムセコムセコムセコムセコムオンセコムセコムセコムセコムセコムセコムセコムセコムセコム……

 は、背景の柄になってる「SECOM」の文字全部読み始めとるぅ!


Googleレンズ セコム 読み上げ はがき 動画 読み上げているところは白枠で囲まれます。……って背景読んでる!

 ところどころ文字が途切れたり指で隠れている部分をセコムのなり損ないみたいに読み上げたり、途中で読み疲れたように「セコォム↓↓。……セコムセコム」と一息入れて読み始めたりと絶妙なフェイントが入り混じり腹筋にダメージを与えてきます。

 特に人気なのが27秒あたりからで、指で大部分が隠れているところの読み上げ。無機質な繰り返しから一転して「メセフェセエメエセフェセコセコメコムセコメセエフェオメ」と感情たっぷりに読み上げてくれます。ここがサビかな?

 この動画を公開したのは、国語おじさん・ゴロー(@Minamint_L)さん。ネット上では、「だんだん拳でにきこえてきた」「たまにある不完全セコムでツボる」「Google先生疲れて息継ぎしてるの面白い」「精度が高すぎて悪くなってるの草」「そこを読むんかい(笑)」といった声や、読み上げに音楽を乗せる動画などが寄せられていました。

画像提供:国語おじさん・ゴロー(@Minamint_L)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる