ニュース
» 2020年10月14日 16時26分 公開

本文にたどり着かねえ! Googleレンズの読み上げがはがきの予想外な部分を読み始める動画がじわじわくる (1/2)

途中で読み疲れちゃってる。

[コンタケ,ねとらぼ]

 Googleレンズの読み上げ機能をセコムからのお知らせハガキで試してみた動画が、予想外の展開で始まって予想外のまま終わる大変シュールな映像となっており人気です。何回もリピートしてみちゃうやつだこれ。



 Googleレンズは、スマートフォンのカメラに写っているものさまざまな形で調べられるアプリ。写っている文章の翻訳機能や、写っているものをAIが判断して検索してくれるなど、さまざまなことができます。

 そんなGoogleレンズの「読み上げ機能」を使って、セコムから届いたお知らせハガキを読ませてみたのが今回の動画。「開封のしかた」の部分を読み上げさせてみたところ、Googleレンズの反応は……

セココム、セコムセコムセコムセコムセコムセコムセコムセコムオンセコムセコムセコムセコムセコムセコムセコムセコムセコム……

 は、背景の柄になってる「SECOM」の文字全部読み始めとるぅ!


Googleレンズ セコム 読み上げ はがき 動画 読み上げているところは白枠で囲まれます。……って背景読んでる!

 ところどころ文字が途切れたり指で隠れている部分をセコムのなり損ないみたいに読み上げたり、途中で読み疲れたように「セコォム↓↓。……セコムセコム」と一息入れて読み始めたりと絶妙なフェイントが入り混じり腹筋にダメージを与えてきます。

 特に人気なのが27秒あたりからで、指で大部分が隠れているところの読み上げ。無機質な繰り返しから一転して「メセフェセエメエセフェセコセコメコムセコメセエフェオメ」と感情たっぷりに読み上げてくれます。ここがサビかな?

 この動画を公開したのは、国語おじさん・ゴロー(@Minamint_L)さん。ネット上では、「だんだん拳でにきこえてきた」「たまにある不完全セコムでツボる」「Google先生疲れて息継ぎしてるの面白い」「精度が高すぎて悪くなってるの草」「そこを読むんかい(笑)」といった声や、読み上げに音楽を乗せる動画などが寄せられていました。

画像提供:国語おじさん・ゴロー(@Minamint_L)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン