ニュース
» 2020年10月15日 16時00分 公開

お札を入れるとマスクをつけた福澤諭吉が登場 お札の顔が今っぽいマスク姿になる「ポチ袋」がくすっと笑える

意外とマスクが似合う偉人たちがかわいい。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 SANAGI design studioは、お札を入れると偉人たちがマスクを装着したようになるポチ袋「YEN HOME」を発売しました。クラウドファンディングサイト「Makuake」で総額約200万円を集めた、ユーモアあふれるデザインに注目です。


YEN HOME 福沢諭吉がマスク!?


YEN HOME 「YEN HOME」(紙幣専用ポチ袋)。二頭身がカワイイですね!

 「YEN HOME」には紙の一部を切り抜く「型抜き」加工が施されたポチ袋。価格は「千円Ver」「五千円Ver」「一万円Ver」の5枚入りが各1250円(税込、以下同)、3種類が3枚ずつセットになったコンプリートセットが2000円です。

 1000円札、5000千円札、1万円札を半分に折って袋に入れると、マスクをした野口英世・樋口一葉・福澤諭吉の顔がのぞきます。

 ポチ袋からお札を抜くと、内側の「外出中」という文字が見える仕組み。「STAY HOME」とかけて、人間と同じくおかねの顔である偉人達も「なるだけ外出させないようにしよう!(浪費するなっ)」というメッセージを感じます。


YEN HOME 型抜きされた「空間部分」から顔が出るデザイン


YEN HOME お札を半分に折って入れると、型抜きのところに顔がぴったり当てはまります


YEN HOME 「人間と一緒に偉人達もなるだけ外出させないようにしよう!(浪費するなっ)」というユーモア。もちろん、ポチ袋を送る人や受け取る人によって解釈は自由

 先行販売で累計販売数1万枚を超えた「YEN HOME」。一般発売でも即完売となり、現在は約3週間後に再入荷を予定しています。

 ゴールデンウィークや夏休みには外出や帰省の自粛が求められ、多くの人がマスクを装着する今。そんな中だからこそ、このポチ袋でお年玉や入学卒業祝いなど、たのしいシーンを盛り上げたいですね。


YEN HOME クラウドファンディングの先行販売で累計販売数1万枚を突破


YEN HOME 手渡されると、クスっと笑ってしまいそう

※価格は全て税込

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」