ニュース
» 2020年10月16日 12時10分 公開

通常の3倍の長さの「超柿の種」を中1男子が発見! 「幸運の持ち主」「商品化して欲しい!」と大反響呼ぶ (1/2)

15万件以上の“いいね”を集めています。

[Kikka,ねとらぼ]

 中学1年生の男子がお家で発見したという「超柿の種」が、Twitterで大きな話題を呼んでいます。これは大きな柿の種……!

 投稿者はプライベートスクール「イルム元町スクール」を運営するカイマサヒロ(@ilm_owl)さん。

 「中1男子がおうちでおやつに柿の種を食べていたら、通常の3倍の長さの『超柿の種』が出てきたと写真を撮ってきてくれました。『先生!ついったーにあげてバズらせてください!』と言われています。よろしくお願いします」と画像付き投稿したところ、15万件以上の“いいね”を集めています。


柿の種 超柿の種 カイさんが投稿した「超柿の種」

 投稿された画像を見てみると、みょーんと伸びた柿の種が映し出されており、通常の柿の種と比較すると、3本分の長さであることが分かります。


柿の種 超柿の種 通常の柿の種3本分の長さ……!

 これにはTwitterユーザーから「中1男子、幸運の持ち主ですね」「この長さの柿ノ種商品化して欲しいです」といった声のほか、超柿の種の形状から「名刀 柿乃種虎徹」「日輪刀みたい」「シャア専用柿の種」と言った声も。また柿ピー研究家としても知られるフリーアナウンサーの中倉リュードーさんからは「柿ピーマニア界隈では『幸運の種』と言ってます きっとイイことありますね」とのコメントが寄せられています。

 こうした“通常よりも長い「柿の種」”はたびたび発見されているようで、中には「うちのカッパえびせんです」と、ひょろ長いかっぱえびせんの画像をリプライする人もいました。

 カイさんはこうした反応について「みなさんありがとうございます。インターネットのあたたかさに感動しています。子どもたちに報告するのがたのしみです」とコメントしています。

画像提供:カイマサヒロ(@ilm_owl)さん

(Kikka)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.