ニュース
» 2020年10月16日 18時20分 公開

中国「メイソウ」が米国市場に上場 「無印とユニクロとダイソーを足して3で割った」ようだと話題の雑貨店(1/2 ページ)

いつの間にかめちゃくちゃ店舗が増えていた。

[ねとらぼ]

 中国の生活雑貨チェーン「メイソウ(名創優品、MINISO)」は10月15日、米国ニューヨーク証券取引所に上場しました。

 以前から「ユニクロっぽい」「無印良品っぽい」と言われているメイソウ。かつてはSNSで揶揄(やゆ)されることも少なくありませんでしたが、約80カ国に4000店舗以上を出店するなど世界進出は好調のようです。

メイソウが米国ニューヨーク証券取引所に上場 メイソウの店頭の様子。日本の店舗ではカタカナのロゴは使われていない (公式サイトより)

 メイソウは、低価格とかわいらしいデザインが人気の雑貨店。日本にも、高田馬場などに店舗を展開しています。

 中国企業であるメイソウがSNSで話題になったのは、一見日本企業に見えるロゴや名称と、少し怪しい日本語のコピーが書かれたパッケージ。「無印とユニクロとダイソーを足して3で割った」「パクリ」という声がある中で、現在は海外在住の人を中心に「お世話になった」「ほんと便利」と同店を推す意見も見られています。

メイソウが米国ニューヨーク証券取引所に上場 メイソウで売られている商品。ほとんどかメイソウのプライベートブランドのもの(公式サイトより)

 最近のメイソウ店頭の写真を見ると、白を基調とした店内にカラフルな雑貨が並ぶ様子は、どちらかというと日本の「ASOKO」や、デンマークの「フライングタイガー」のような印象を受けます。

 メイソウの上場初日の初値は公開価格を22%上回る24.40ドル。「日本っぽい」雑貨店が世界を席巻する日は来るのでしょうか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響