ニュース
» 2020年10月17日 09時30分 公開

かわいいけど打ちにくそうな「食べ物キーボード」がすごい ピザやレモンのキーを手作りしたこだわりの仕上がり (1/2)

ファンシーですてきな世界観。

[関口雄太,ねとらぼ]

 オリジナルの食べ物キーで装飾したキーボードが、実用できるか疑わしいほどかわいい仕上がりで見入ってしまいます。



かわいけれど打ちにくそうな食べ物キーボードがすごい ピザやレモンのキーを手作りしたこだわりの仕上がり Aにアボカド、Yにヨーグルト(画像はYouTubeより)

かわいけれど打ちにくそうな食べ物キーボードがすごい ピザやレモンのキーを手作りしたこだわりの仕上がり やや横長なシフトキーにはホットドッグを配置(画像はYouTubeより)

 YouTubeチャンネル「tiny」さんは、食べ物をモチーフにしたキーを作り、オリジナルキーボードを仕上げる様子を公開。1つ1つのキーで食べ物を立体的に再現していて、とてもかわいらしい見た目です。

 フライドポテトやポッキーを1本ずつ表現していたり、ピザやアイスクリーム、ラーメンは細かいトッピングまで乗せていたりと本格的な仕上がり。手作りならではの作り込まれた、かわいらしい見た目となっています。


かわいけれど打ちにくそうな食べ物キーボードがすごい ピザやレモンのキーを手作りしたこだわりの仕上がり 専門的な道具で手作り(画像はYouTubeより)

 スペースキーとなるサンドウィッチを作る様子は1本のメイキング映像として公開。最初にモデルを作り、型取りしたところへ、色付きの素材を流し込むことで、カラフルでかわいいサンドウィッチキーが完成します。


かわいけれど打ちにくそうな食べ物キーボードがすごい ピザやレモンのキーを手作りしたこだわりの仕上がり モデルを作り……(画像はYouTubeより)

かわいけれど打ちにくそうな食べ物キーボードがすごい ピザやレモンのキーを手作りしたこだわりの仕上がり 型取りします。(画像はYouTubeより)

かわいけれど打ちにくそうな食べ物キーボードがすごい ピザやレモンのキーを手作りしたこだわりの仕上がり 色を付けたら……(画像はYouTubeより)

かわいけれど打ちにくそうな食べ物キーボードがすごい ピザやレモンのキーを手作りしたこだわりの仕上がり 取り出して完成です。(画像はYouTubeより)

 見た目はすばらしいものの、キートップにアルファベットの印字がないので、一見するとキーの配置がまったくわからなくなってしまいそうです。ですが、実は食べ物の頭文字がそれぞれのキーに対応しており、キーの種類が区別できるように工夫されています。例えば、ハチミツ(Honey)はH、ゼリービーンズ(Jelly beans)はJ、レモン(Lemon)はL、牛乳(Milk)はM、ラーメン(Noodle)はN、といった配置。一般的に使用されるキーボードよりも、直感的にわかりやすいかもしれません。

 また、キーボード紹介動画では、実際にタイピングする様子を披露。使いはじめは打ち間違いが多く、製作者自身が思わず笑って吹き出してしまいますが、最終的には1分間58文字、正確性95%と平均的な数値に落ちつきます。


かわいけれど打ちにくそうな食べ物キーボードがすごい ピザやレモンのキーを手作りしたこだわりの仕上がり タイピングの支障はそこまで大きくなさそう(画像はYouTubeより)

 ちなみに命名は「SMORGASBOARD(スモーガスボード)」とのことで、スウェーデン語のビュッフェ形式の食事を意味する言葉に掛けています。おいしそうな食べ物が敷き詰められた、すてきなキーボードです。


かわいけれど打ちにくそうな食べ物キーボードがすごい ピザやレモンのキーを手作りしたこだわりの仕上がり 食べ放題テーブルのような見た目ですてき(画像はYouTubeより)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.