ニュース
» 2020年10月18日 12時00分 公開

コーヒーの苦さも別れた妻も“鈍感”になれば気にならない? コーヒーと人生を重ねた漫画がほろ苦い大人の味

コーヒーと一緒に読みたくなる漫画。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 10月1日が「コーヒーの日」だったことから投稿された漫画が、ホロ苦で大人の雰囲気漂っています。大人になると、味覚と同じように生きる痛みにも慣れてきてしまうんですよね。



コーヒー 離婚

 パパがブラックコーヒーを飲んでいるのを見て、苦味をおいしく感じることができない自分は大人になれないのかな、と疑問に思った娘さん。苦味は年をとって舌が鈍感になって気にならなくなるから、とパパは説明します。そんな会話をしていると固定電話に着信が。電話の主は家族を捨てたママでした。


コーヒー 離婚
コーヒー 離婚
コーヒー 離婚
コーヒー 離婚
コーヒー 離婚

 電話で謝ってばかりだったパパに「ママが悪いのに」と、娘は呟きます。勝手に家を出て行って他の男性と結婚したママ。パパの態度が的を射ない娘は「コーヒーとおんなじにママのことヘーキなの?」と尋ねました。


コーヒー 離婚
コーヒー 離婚
コーヒー 離婚
コーヒー 離婚
コーヒー 離婚

 コーヒーの苦味が平気になったように何かが鈍感になってしまったから、ママのことを怒らなくてもいられるのか。子どもからの真っすぐな問いかけに少し考えてから、パパは娘が飲んでいる桃のジュースを「少し飲みたいな」と言いました。桃のジュースはパパにはちょっと甘い飲み物です。「でもコーヒーを飲むのにも、ほんの少しだけ飽きたんだ」

 苦味に慣れてブラックコーヒーを飲めるようになるように、心が受ける痛みに慣れると怒りや悲しみを我慢してしまうこともあります。大人と違って、子どもは思ったことをそのまま言葉にします。かつて好きだった甘い飲み物を飲むことで、少しだけ我慢をやめようと思ったのかもしれません。

 Twitterにはこの漫画の関連作品も。好きじゃないけど気持ちが落ち着くから今でもコーヒーを飲む別れた妻の話と、コーヒーのない部屋で少しずつ変化した3人の様子を描いた作品が投稿されています。

 作者は遠藤平介(@heisukeend)さん。現在Amazonで『三つ編み娘とヒゲ男』が配信中です。

画像提供:遠藤平介(@heisukeend)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.