ニュース
» 2020年10月19日 14時00分 公開

「おいこれムーミンだよね?」「いやウサビッチだ」 ヤマハが新型のびっくり顔スクーター発表「たぶん何か宿ってる」(1/3 ページ)

何に見えましたか……?(画像22枚)

[松本健多朗,ねとらぼ]

 ヤマハ発動機の台湾法人、台湾山葉機車(以下、台湾ヤマハ)が10月13日(現地時間)、新型の125ccスクーター「Vinoora(ビノーラ)」を発表しました。

台湾ヤマハ「Vinoora」(写真:台湾ヤマハ、以下同) 台湾ヤマハ「Vinoora」(写真:台湾ヤマハ、以下同)

 ビノーラは、クラシックとトレンドのデザイン要素を組み合わせたNewtoro(ニュートロ)をコンセプトとした台湾市場向け新型スクーターです。

 いきなり「すごい顔」にギョッとします。並列2眼のLEDヘッドライトを備え、滑らかに膨らんだくちばし状のフロント、“ぽっ”とほっぺを赤らめたようにウインカーがあります。前から見るとそのまま顔ですわこれ。

 発表早々、ムーミンやウサビッチに見える……! などの声が多発。また、かつてヤマハ発動機が東京モーターショー1991で披露した“電動”コンセプトバイク「Frog」に似ているという意見も出ていました。

どことなく見つめられているような顔にも見えるフロントデザイン そのまんま「何かの顔」な、愛らしいフロントフェイス
どことなく見つめられているような顔にも見えるフロントデザイン 何に見えてきましたか……?
photo ヤマハが1991年の東京モーターショーで披露した“電動”バイク「Frog」(出典:ヤマハ発動機資料「ヤマハニュース 1991/12」より)
カスタマイズモデルの「ビノーラM」 ヘッドライトガードやグラブレールなどのパーツを装着したカスタマイズモデル「ビノーラM」も

 車体サイズは1710(全長)×665(幅)×1090(高さ)ミリ、シート高は745ミリ、重量は94キロ。パワートレインは125cc空冷単気筒の低燃費エンジン「ブルーコア」。価格はビノーラが7万6300台湾ドル(約27万9500円)から、ビノーラMが7万9800台湾ドル(約29万2300円)から。

 日本市場導入は2020年10月現在未定ですが、じわじわくるこの愛らしいお顔……ちょっと気にならずにはいられません。



       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10