ニュース
» 2020年10月19日 20時20分 公開

妻が乳がん検査で精密検査に……医療漫画家が“自分ごと”に直面した漫画「当然知ってるつもりだったこと」にはっとさせられる(1/2 ページ)

わかっていたつもりでも、いざ自分ごとになると……。「第2回医療マンガ大賞」公式サイト内で全編公開しています。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 横浜市が「乳がん月間」の10月に合わせて、漫画家こしのりょう先生(以下、こしの先生)のエッセイマンガを公開しました。


当然知ってるつもりだったこと マンガ内にある指をさしている形のアイコンにタップすれば、ウィンドウが開き、関連する情報が表示されます

 看護師の妻と一緒に健康診断を受けたこしの先生ですが、結果が届いたのは自分だけ。後日、妻は思いつめた様子で……。マンガ「当然知ってるつもりだったこと」は、こしの先生の実体験に基づく書き下ろしで、実際に乳がんの可能性を知らされると、治療方法だけでなく、さまざまなことが気になり動揺する様子が描かれています。


当然知ってるつもりだったこと 「当然知ってるつもりだったこと」は、漫画家、こしの先生のいつもの仕事帰りから始まります(『第2回医療マンガ大賞』公式サイトより)


当然知ってるつもりだったこと こしの先生は「Ns’あおい」「町医者ジャンボ」「はなうた」といった医療マンガも手掛けています(『第2回医療マンガ大賞』公式サイトより)


当然知ってるつもりだったこと 妻が手にしているものは……! 続きは公式サイトにて全編公開されています(『第2回医療マンガ大賞』公式サイトより)

 乳がんの診断を受ける日本人女性は40歳代後半から60歳代の割合が高く、家庭や職場で活躍する年代でもあることから、治療の心配に加えて、脱毛など外見の変化や仕事、治療費といった多くの不安が出てきます。マンガは読み進めていくうちに、病気についてだけではなく、検診やさまざまな治療方法、受けられる支援について情報が得られる構成になっています。

 Webマンガなので友だちや家族、パートナーにシェアして、情報を共有したり、話し合うきっかけになりますね。

 横浜市は「第2回医療マンガ大賞」を実施中。こしの先生は同賞の審査員です。10月15日に応募を締め切っており、現在は78の応募作品を審査中、大賞は11月下旬に決定予定です。


当然知ってるつもりだったこと 2018年10月から始まった医療マンガ大賞は「医療への視点が少し変わることで、異なる気づきが得られ、行動につながる」がコンセプト

(谷町邦子 FacebookTwitter

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響