ニュース
» 2020年10月20日 20時00分 公開

おびえる保護犬が少しずつ心を開いていき―― ワンコと飼い主が心を通わせる話に涙 (1/2)

表情の変化が全てを語っています。

[k村,ねとらぼ]

 人間におびえていた保護犬が、飼い主の愛情をうけ徐々に心を開いていく――。ワンコと飼い主の心あたたまるストーリーがYouTubeに投稿されています。


心あたたまるストーリーです

 元保護犬のサニーは飼い主さんに引き取られた当初、とてもおびえた表情をしていました。声をかけられなでられても、警戒しこちらをうかがうような目つきのサニー。飼い主さんは当時のことを「心を開いてくれるまで、1年はかかるだろうと思った」と振り返ります。


ALT 警戒するサニー

 緊張のためか、サニーは引き取り時に入っていたキャリーケースから約2週間も出てこれなかったそうです。そんなサニーを飼い主さんはたっぷりの愛情で包み「ここは安全で、僕らは君のことを守ってあげる存在だよ」と行動で伝えていきます。

 まだ少しおびえるサニーに優しく声をかけながらブラッシングしたり、笑顔でかくれんぼごっこをしたり。サニーは少しずつ、飼い主さんと心を通わせていくようになります。


ALT 今では寝転がって甘えるように!

 そして数カ月後……そこには飼い主さんとキャンプを思いっきり楽しむサニーの姿が! 全速力でダッシュし、しっぽを振りながら森の中を散策するサニーには、もうおびえや恐怖の感情を感じません。飼い主さんの呼びかけに笑顔で答えるサニーの表情は、家に来た初日とはまるで別の犬のよう!

 動画後半には、飼い主さんに抱っこされて寝転がり、無防備にお腹を見せるサニーがうつっています。すっかり人懐っこいワンコに変わった、幸せな気持ちにさせてくれるビフォーアフターでした。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.