ニュース
» 2020年11月04日 11時30分 公開

「一分の隙もない設定」「ずっとサンタ信じてしまう」 ネットで絶賛されたサンタの設定が“バレてしまった斜め上の理由”(1/2 ページ)

設定は悪くなかったはずなんですが……。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から、“親から言われて信じていたウソみたいなホントのウソ”を伺う体験談募集企画。今回は親視点になりますが、「サンタクロースの設定をめちゃくちゃ緻密に作り込んだのに、斜め上の理由でバレてしまった」というお話。

「一分の隙もない設定に感動した!」「これをやられてたらずっとサンタ信じてしまう」



 2児の母親である牛ビーフ(@USHI_BEEF)さんは2017年、「盛りすぎて親がサンタだと言い出せなくなった、もはやバレるのが怖い」という“我が家版サンタの設定”をツイート。

 「(自分の子どもが)大人になるまで遠慮せずにわがままを言える逃げ口を用意したかった」と作り出したその設定は、「サンタクロース協会」という不思議な組織を仮定することで、サンタに対するさまざまな疑問を解決しているのが特徴的でした。



 例えば、「なぜ自分はクリスマスプレゼントをもらえるのか?」といえば、それは「子どもが生まれると出生届などと一緒にサンタクロース協会の契約書が配布されることになっていて、自分の家庭はその契約を結んだから」。

 「なぜ、サンタを信じていないクラスメイトがいるのか?」に対しては「サンタの存在を疑ってしまうと協会との契約は打ち切りになるものの、親の任意でクリスマスプレゼントを贈る場合があるから」と答えられるようになっています。

 さらに「サンタクロースにまつわるこれらの情報は、本当は子どもに教えてはいけない」という設定もあり、「サンタクロースのことを他人の前で話して否定される」「知っているサンタの設定が友達と食い違い、疑問を覚える」といったリスクも回避できそうです。

 Twitter上では、この設定に「一分の隙もない設定に感動した!」「これをやられてたらずっとサンタ信じてしまう」といった反響があり、ニュースサイトで紹介されるほど話題になりました。

サンタの真実に気付いた“設定とは別の理由”

 ですが、それから間もなく牛ビーフさんの上のお子さんは、サンタクロースの真実に気付いてしまったのだとか。それも、作り込まれた設定とは別の理由から。

 その理由とは、ハンドルネーム。上のお子さんがサンタについてネットで調べたところ、自分が知っているサンタの情報が“我が家版サンタの設定”として紹介されている記事が出てきて、そこにその考案者として母親のハンドルネームが記載されていた、というわけです。

 しかし、なぜお子さんがハンドルネームを知っていたのか。理由を伺ってみたところ、「Twitterなどで知り合った友人ともリア友と区別なく遊ぶことがあり、家に遊びにきた友人から『牛さん』『牛ビーフ』と呼ばれることが。子どもたちも小学校のころからポケモンなどでハンドルネームを使っているので、『あれはお母さんのネット上の別名なんだ』と普通のことのように理解しているみたいです」とのこと。

 なお、今年のクリスマスは、その“気付いてしまった上のお子さん”にはサンタではなく親からプレゼントをあげる予定だそうです。あれ、なんだかんだで「サンタの存在を疑ってしまうと協会との契約は打ち切りになるものの、親の任意でクリスマスプレゼントを贈る場合がある」という設定通りになっているような……?

※“まだ気付いていない下のお子さん”もいらっしゃいますが、「まだネットで調べ物をする習慣がないこと」、本文にある通り「すでにハンドルネームが出た記事が公開されていること」から、本記事の掲載許可を得ています。「上の子の協力のもと中学生の間くらいまではサンタで通してみたいと思っています」とのこと。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」