ニュース
» 2020年10月20日 19時03分 公開

炭治郎、瓦になる 『鬼滅の刃』が愛知県高浜市とコラボ 伝統工芸品「鬼瓦」やグッズを展開

炭治郎のペーパーウェイトが作れる体験ワークショップも。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 愛知県高浜市は、伝統的工芸品「三州鬼瓦工芸品」とアニメ「鬼滅の刃」(原作:吾峠呼世晴)のコラボレーションを発表しました。10月30日から2021年1月29日まで、限定オリジナル瓦グッズなど、さまざまな企画が展開されます。


鬼滅の瓦 鬼つながりのコラボレーション

 高浜市は三州鬼瓦の主産地。鬼瓦の職人は「鬼師」と呼ばれ、高浜市は「鬼師のまち」の異名を誇ります。コラボでは鬼師が長年培ってきた技術で手作りした、瓦製ペーパーウェイトやカード立てなどを、かわら美術館や観光案内所、三州瓦工業協同組合オンラインショップにて販売します。

 また高浜市役所庁舎前には、鬼師が細部まで作り込んだ『鬼滅の刃』瓦モニュメントが登場。三州瓦工業協同組合では、炭治郎のペーパーウェイトなどを瓦で作れる体験ワークショップが催されます。


鬼滅の瓦 炭治郎や禰豆子を瓦のオブジェに

モニュメントの一部分が公開、この服装は……!

 期間中はオリジナルグッズが当たるデジタルスタンプラリーを市内で開催。スタンプの設置場所ではオリジナルフォトフレームで写真撮影も可能です。


鬼滅の瓦 賞品はコラボデザインの瓦製品やTシャツなど

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10