ニュース
» 2020年10月21日 20時00分 公開

山道に浮かび上がる「霊の顔」 恐怖のアート作品に「夜見たらチビる」「泣いちゃう」(1/2 ページ)

引き込まれそう。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 山道に浮かぶ異様な顔の看板が怖すぎると、Twitterで話題です。TRPGだったら、ビックリして正気失うヤツ。

アート作品「木霊」 ビビるわ

アート作品「木霊」を遠くから見たところ 遠くから見てもコワイ…

 看板が掲げられているのは、六甲高山植物園。遠くから見ても恐怖なのに、近づくと、にんまりとした目の瞳孔にまた人の顔が見えるという不気味っぷり。周囲には「おーい。そこのひと。とまって。もどって。」から始まる詩が掲げられています。

 似たような看板はもうひとつあり、こちらは目の部分が全体が黒く塗りつぶされています。「ここはあんぜん。あなたはあんぜん。」などと詩が書かれていますが、いやいやどんなに安全と言われても口元が怪しすぎます。口角のあがり方が笑ゥせぇるすまんと同じじゃないですか。写真を投稿したdemosoさんも「昼間でもビビったのにこれ夜見たらチビるやろな…」とつづっています。

アート作品「木霊」池にあるほう もう一つの作品

アート作品「木霊」の背後の池 なんというロケーション

 このインパクト絶大な看板は、アーティストの谷澤紗和子さんと小説家の藤野可織さんのコラボレーションで生まれた「木霊」というアート作品。六甲山の自然を感じながらピクニック気分で現代アート作品を楽しむ展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」で展示されているものです。

 オブジェとテキストを交差させることで、通常ではとらえがたいようなモノの存在を、両者のあいだの領域に出現させた作品で、六甲高山植物園でひときわ存在感を放ってきたマツとエノキの木霊が顔を出し、道ゆく人に語りかけています。パッと見は恐怖ですが、あらためてじっくり詩を読むと木霊の声が聞こえてくるようにも感じます。そのときにわき起こる感情は、おそらく見る人によって異なるでしょう。

 作品がTwitterで人気となったことに、アート展の主催者や作者も反応。このアート、天候によっても、また見え方が変わってくるようです。

画像提供:demoso(@demoso_)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む