ニュース
» 2020年10月22日 20時00分 公開

毒親に虐げられた少女の復讐 “しゃべる花”との出会いが生き様変える漫画が心に刺さる (1/2)

必死な生き様が胸に来る。

[Tomo,ねとらぼ]

 母親に虐げられ、将来の夢を踏みにじられた少女が、“しゃべる花”と出会って復讐する漫画が、多くの人の心をつかんでいます。作者は漫画家の河野大樹(@tanakatamaka840)さん。

 美術系の高校に通う主人公の少女。校内でも一目置かれる実力の持ち主ですが、母親が「金の無駄」と反対するため美大への進学を断念しています。母親は将来の道を塞ぐだけでなく、少女に暴力を振るい、家事をさせてこき使っている“毒親”でした。

少女を虐げる母親

 「生まれてくる場所は選べない」「変えられないものは変えられない」と諦めている少女。なぜほかの人と自分は違うのかと絶望し、死のうとしたときに、路傍の花に声をかけられます。

 人の目にも留まらない交差点の黄色いパンジーは、「死にたくない」「負けたくない」と、花壇の中で毒を出してほかの色の花と殺し合っていました。自分たちのように恵まれない存在こそ、救われなければならないと少女に語りかけるパンジー。その必死な生き様に彼女は「自分を救う」決意を固めます。

恵まれない自分たちこそ救われるべきだと語るパンジー
自分を救おうと決めた少女

 「こんなとこで負けてちゃダメなんだ」と、鬼気迫る姿で卒業制作に心血を注ぐ少女。できあがった作品を見た母親は、そしてパンジーは――その結末には心が震えます。

 迫力のある絵柄もあって、虐げられた少女と「一番弱い色」のパンジーが必死にもがいて生きる姿が深々と刺さります。彼女が成し遂げた“復讐”には胸がすく思いがし、彼女ならこの先、力強く幸せをつかめるだろうという希望を感じる結末でした。

 この作品に心をつかまれた人は多いようで、「とにかく感情表現に圧倒されてしまう」「この世界で上から押さえつけられ苦しんでいる、大多数の救いになる作品」「あー!凄い!息吹を感じる!生を感じる!」といったコメントが寄せられています。

 この作品は河野さんが20歳ごろに描いた漫画。連載中の作品「ブス界へようこそ」の「原型というか核の部分になっていると思う」といいます。同作は、「自分よりきれいな相手を食えばきれいになって生き返れる」という世界“ブス界”で主人公が戦う物語となっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」