ニュース
» 2020年10月22日 20時00分 公開

毒親に虐げられた少女の復讐 “しゃべる花”との出会いが生き様変える漫画が心に刺さる(1/2 ページ)

必死な生き様が胸に来る。

[Tomo,ねとらぼ]

 母親に虐げられ、将来の夢を踏みにじられた少女が、“しゃべる花”と出会って復讐する漫画が、多くの人の心をつかんでいます。作者は漫画家の河野大樹(@tanakatamaka840)さん。

 美術系の高校に通う主人公の少女。校内でも一目置かれる実力の持ち主ですが、母親が「金の無駄」と反対するため美大への進学を断念しています。母親は将来の道を塞ぐだけでなく、少女に暴力を振るい、家事をさせてこき使っている“毒親”でした。

少女を虐げる母親

 「生まれてくる場所は選べない」「変えられないものは変えられない」と諦めている少女。なぜほかの人と自分は違うのかと絶望し、死のうとしたときに、路傍の花に声をかけられます。

 人の目にも留まらない交差点の黄色いパンジーは、「死にたくない」「負けたくない」と、花壇の中で毒を出してほかの色の花と殺し合っていました。自分たちのように恵まれない存在こそ、救われなければならないと少女に語りかけるパンジー。その必死な生き様に彼女は「自分を救う」決意を固めます。

恵まれない自分たちこそ救われるべきだと語るパンジー
自分を救おうと決めた少女

 「こんなとこで負けてちゃダメなんだ」と、鬼気迫る姿で卒業制作に心血を注ぐ少女。できあがった作品を見た母親は、そしてパンジーは――その結末には心が震えます。

 迫力のある絵柄もあって、虐げられた少女と「一番弱い色」のパンジーが必死にもがいて生きる姿が深々と刺さります。彼女が成し遂げた“復讐”には胸がすく思いがし、彼女ならこの先、力強く幸せをつかめるだろうという希望を感じる結末でした。

 この作品に心をつかまれた人は多いようで、「とにかく感情表現に圧倒されてしまう」「この世界で上から押さえつけられ苦しんでいる、大多数の救いになる作品」「あー!凄い!息吹を感じる!生を感じる!」といったコメントが寄せられています。

 この作品は河野さんが20歳ごろに描いた漫画。連載中の作品「ブス界へようこそ」の「原型というか核の部分になっていると思う」といいます。同作は、「自分よりきれいな相手を食えばきれいになって生き返れる」という世界“ブス界”で主人公が戦う物語となっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10