ニュース
» 2020年10月24日 11時30分 公開

業界初、大豆でできた「代用肉」を提供する焼き肉チェーン登場 「焼肉ライク」で11月1日から

本物と食べ比べたい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 焼き肉チェーン店「焼肉ライク」が、大豆でできた「NEXTカルビ」と「NEXTハラミ」を、11月1日から一部店舗で提供します。まさか焼肉屋で代替肉を焼く日が来るとは。


焼肉ライク NEXTカルビが290円、NEXTハラミが310円(税別)。ちなみに通常のバラカルビは同量で220円

 代替肉ベンチャー、ネクストミーツとのコラボレーション商品。同社による世界初の焼肉用代替肉「カルビ1.0」と「ハラミ1.0」が、焼肉ライクVer.として提供されます。一般的な焼肉と比べると脂質は半分以下で、たんぱく質は約2倍。焼肉ライクが開発した、植物性のタレでいただけます。


焼肉ライク

 提供店舗は新橋本店、新宿西口店、赤坂見附店、上野店、渋谷宇田川町店で、渋谷宇田川町店では10月23日から先行販売を実施。10月31日まではセットメニューを注文した際、希望すると試食品が付くので、無料で食べ比べできます。


焼肉ライク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10