ニュース
» 2020年10月24日 12時00分 公開

「歯磨きイヤー!」「じゃあさ…」嫌がる3歳児が素直になった“魔法の言葉”とは? 思わず試したくなる子育て漫画

少し言葉を変えるだけで。

[林美由紀,ねとらぼ]

 何度言っても歯磨きをしてくれない娘さんが素直になった魔法の一言とは……? 0歳と3歳の母・眠井アヒル(@sleepingahiru)さんによる子育て漫画がすてきです。


魔法の促し方05 「早くしなさい」に代わる言葉とは

 朝の忙しい時間帯、「歯磨きして〜」と何度言っても娘さんは積み木に夢中です。思わず「もう!!(幼稚園に)置いてくで〜!!」と語気を荒げた結果、娘さんを怒らせてしまいます。これでは歯磨きどころではありません。


魔法の促し方01

魔法の促し方02

 「早く」と何度も言うのは疲れるし、言われる方も嫌だよねと反省した眠井さんは、ふと自分が子どものころを思い出します。眠井さんのお母さんは面倒なことをどうやって促していたのかと思い出してみると……。


魔法の促し方03

 眠井さんが素直に言うことを聞いたお母さんの方法、それは「歯磨きして」「お風呂入って」と頭ごなしに促すのではなく、「一緒にやろう」と誘うというものでした。

 眠井さんも同じように「じゃあ、お母さんと一緒にする?」と娘さんに声をかけます。すると娘さんからはOKのお返事が! 子どもには監督も必要ですが、時には伴走者も必要なのですね。平和的解決にほっこり。


魔法の促し方04

 漫画の読者からは「ほっこりです そうですよね!一緒にやったら楽しいですもんね」「子供って親にかまってもらいたいんですね〜まねっこもしたがる時期かもしれませんね」「うちの母は勉強をやりたがらない私と一緒になって、掛け算などをしてくれて嬉しかった思い出があります。私だけをみてくれているという安心感があったのかもしれません」と感想が寄せられています。

 眠井アヒル(@sleepingahiru)さんは、子育てサイト「conobie」で漫画「ママ友さんとアンコちゃん」を連載中。また、育児日記を集めたコミックス『子惚ればなし。』が発売中です。



画像提供:眠井アヒル(@sleepingahiru)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.