ニュース
» 2020年10月24日 22時00分 公開

視界の外、扉の向こうに“何か”が……何気ない暮らしの中に潜む「怪異」を描いたショートホラー作品がゾクゾク来る (1/2)

気にしだすと止まらなくなる……原始的な「恐怖」です。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 半開きの扉、建物の隙間、天井の模様、扉を開けた向こうの景色、お風呂で目をつぶったとき。誰もが日常の中で何気なく触れているものですが、それらに対してひとたび怖い想像をしてしまうと、分かっていてもなかなか収まらないものです。

 今回ご紹介する作品は、そのような日常に起きるかもしれない、もしかしたら起きそうな……「唐突な恐怖」を描いたショートホラー漫画です。4作品の中で、シリーズの3話目「なんとなく気づく時の話」をピックアップしてご紹介します。


ショートホラー 怖い話 漫画 ふと「やばい」と気付いたものは何……?

 時計の針が12時を指そうとしている深夜のこと。女性が部屋の中で窓を背に、雑誌を読みくつろいでいます。その光景に不思議なことはなく、女性にも変わった様子はありません。ですが実のところ、彼女は平然を装っているだけなのでした。


ショートホラー 怖い話 漫画

ショートホラー 怖い話 漫画

 背後の窓。少し開いたカーテンの隙間から、得体のしれない「何か」が、女性を見下ろしているのです。

 女性は不穏な雰囲気と「何か」の気配を察知し、「いまは絶対に振り返ってはいけない」と本能で理解しています。ですが、その「何か」はいつその場を去るのか。たとえ気配が消えたとしても、「何か」がそこを去った、という保証はありません……。


 作者は漫画家の美山薫子(@kork_miyama)さん。マンガストア「めちゃコミック」で、女同士のバトルマンガ「お前を浄化してやる〜スピリチュアル女VS偽りの美女〜」を配信中です。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.