ニュース
» 2020年10月24日 07時30分 公開

「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」

「当時の被害者の気持ち 背負って生きていけよ〜」

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 「オレも昔は悪かった」と自慢げに語る教師の前に、6年前の被害者を連れてくる女子高生。かわいい仕草で「悪さ自慢もいいけど、被害者の気持ち背負っていけよ〜」と注意します。仕事人のような冷徹さで正義をつらぬくJK、それが正義のミカたんです。


正義のミカたん 「へー」としか言いようがない


 「正義のミカたん」は、かわいい表情と時に強引なやり方との合わせ技で、世にはびこる「ちょっとした悪」を懲らしめる女子高生を描いたマンガ。現在、Instagramを中心にSNS上で連載されています。作者は、あらゆる理不尽をポジティブさ1本で乗り越えるOLを描いた「耐え子の日常」でおなじみ、そろそろ谷川さん(@srsr_TANI)です。


正義のミカたん こんな話されたら「すん……」ってなるよ

 「昔の悪さを自慢する男」というエピソードでは、教師が生徒を前に、男性がやりがちな「俺もワルだった」トークを繰り広げています。聞いていたミカたんは、「どんな悪いことをしたんですか?」と興味津々。教師はこれがワナだと知らずに、過去の窃盗を暴露してしまいます。

 と、男性が過去の悪さをしゃべり終えたところで「そう思って今日は当時の被害者を呼んでます」と、なぜか被害者を連れてきているミカたん。


正義のミカたん 話は聞かせてもらった!

 窃盗の時効は7年。自ら証拠をさらけ出してしまった教師に対し、被害者の気持ちを忘れずに生きていけと、釘をさすのでした。そもそも「悪だった自慢」を聞いてカッコいいと思う人なんていないしね。

 バイト先で「オレみたいなブサイクに彼女なんかできない」と自虐的に語るおじさんも、ミカたんは決して見逃しません。


正義のミカたん 否定してもらいたいんだな

 「オレみたいなデブ、近寄るだけで汗くさいしね」。ヘラヘラと笑って言う店長。明らかに「そんなことないですよ」という言葉を待っている様子です。ちらっ、ちらっ。


正義のミカたん めんどくさいが一番くさい

 しかしミカたんは「はい、くさいっす!」と断言。え……? と言葉を失う店長に、彼女は畳みかけます。「目上の立場からの自虐ネタは、めんどくさいぞぉ〜」。笑うに笑えず、自虐を否定するのもめんどくさい。そんなときには、これが一番ですね。

 バイトといえば、ミカたんが飲食店でバイト中のこと。


正義のミカたん 急にカッコつけだす人

 やっと一息つける空き時間ができたとき、バイトリーダーの先輩が「ヒマになってきたし、換気扇の掃除でもやろうか」と言い出します。め、めんどくせぇ〜。そこですかさずミカたん、「逆効果なのでやめましょう」ときっぱり。


正義のミカたん 人を巻き込むな人を

 なぜなら「あなたのせいでここの空気が悪くなるからです」とも続けます。あり余るやる気は自分で処理してくれとばかりに「バイトのクセにムダに強い責任感、めんどいぞぉ〜」と、かわいい口調で鉄槌を下すのでした。

 事件は路上でも起きています。リードを付けずに犬の散歩をしているおじさんに遭遇したミカたん。頭のいい犬だと逃げたり他の犬に吠えかかったりしないので、飼い主にも注意しづらいところです。


正義のミカたん 言っとくけど犬は無罪

 ミカたんは「すごーい」と犬をなでなで。飼い主のおじさんも「うちのペスはかしこいから」と得意げです。


正義のミカたん 飼い主と周りの人の話なんだよな

 しかし、立ち上がったミカたんは、いつのまにか犬にリードをくくりつけています。「え?」と驚く飼い主に、彼女は「犬を逃がさないためじゃないよ」とひと言。「周りの人に安心を与えるためのリードだぞぉ〜」。ですよね!

 誰もが心のなかでは思っていることなのに、相手が逆上しそうで言い出しにくい。そんな時こそ正義のミカたんの出番です。上目づかいを駆使したかわいさで、図に乗る輩(やから)に鉄槌を下してくれるのですから。

SNSをナメてる女


正義のミカたん

正義のミカたん

正義のミカたん

正義のミカたん リアルな意味で特定される

エスカレーター盗撮男


正義のミカたん

正義のミカたん 深淵もまたこちらをのぞいているのだ

映画の感想を聞いてくる男


正義のミカたん

正義のミカたん それだけが答えではないしね

横に並んで歩く女子高生


正義のミカたん

正義のミカたん

正義のミカたん 横並びの人生なんてつまらない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」