ニュース
» 2020年10月24日 07時30分 公開

「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」

「当時の被害者の気持ち 背負って生きていけよ〜」

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 「オレも昔は悪かった」と自慢げに語る教師の前に、6年前の被害者を連れてくる女子高生。かわいい仕草で「悪さ自慢もいいけど、被害者の気持ち背負っていけよ〜」と注意します。仕事人のような冷徹さで正義をつらぬくJK、それが正義のミカたんです。


正義のミカたん 「へー」としか言いようがない


 「正義のミカたん」は、かわいい表情と時に強引なやり方との合わせ技で、世にはびこる「ちょっとした悪」を懲らしめる女子高生を描いたマンガ。現在、Instagramを中心にSNS上で連載されています。作者は、あらゆる理不尽をポジティブさ1本で乗り越えるOLを描いた「耐え子の日常」でおなじみ、そろそろ谷川さん(@srsr_TANI)です。


正義のミカたん こんな話されたら「すん……」ってなるよ

 「昔の悪さを自慢する男」というエピソードでは、教師が生徒を前に、男性がやりがちな「俺もワルだった」トークを繰り広げています。聞いていたミカたんは、「どんな悪いことをしたんですか?」と興味津々。教師はこれがワナだと知らずに、過去の窃盗を暴露してしまいます。

 と、男性が過去の悪さをしゃべり終えたところで「そう思って今日は当時の被害者を呼んでます」と、なぜか被害者を連れてきているミカたん。


正義のミカたん 話は聞かせてもらった!

 窃盗の時効は7年。自ら証拠をさらけ出してしまった教師に対し、被害者の気持ちを忘れずに生きていけと、釘をさすのでした。そもそも「悪だった自慢」を聞いてカッコいいと思う人なんていないしね。

 バイト先で「オレみたいなブサイクに彼女なんかできない」と自虐的に語るおじさんも、ミカたんは決して見逃しません。


正義のミカたん 否定してもらいたいんだな

 「オレみたいなデブ、近寄るだけで汗くさいしね」。ヘラヘラと笑って言う店長。明らかに「そんなことないですよ」という言葉を待っている様子です。ちらっ、ちらっ。


正義のミカたん めんどくさいが一番くさい

 しかしミカたんは「はい、くさいっす!」と断言。え……? と言葉を失う店長に、彼女は畳みかけます。「目上の立場からの自虐ネタは、めんどくさいぞぉ〜」。笑うに笑えず、自虐を否定するのもめんどくさい。そんなときには、これが一番ですね。

 バイトといえば、ミカたんが飲食店でバイト中のこと。


正義のミカたん 急にカッコつけだす人

 やっと一息つける空き時間ができたとき、バイトリーダーの先輩が「ヒマになってきたし、換気扇の掃除でもやろうか」と言い出します。め、めんどくせぇ〜。そこですかさずミカたん、「逆効果なのでやめましょう」ときっぱり。


正義のミカたん 人を巻き込むな人を

 なぜなら「あなたのせいでここの空気が悪くなるからです」とも続けます。あり余るやる気は自分で処理してくれとばかりに「バイトのクセにムダに強い責任感、めんどいぞぉ〜」と、かわいい口調で鉄槌を下すのでした。

 事件は路上でも起きています。リードを付けずに犬の散歩をしているおじさんに遭遇したミカたん。頭のいい犬だと逃げたり他の犬に吠えかかったりしないので、飼い主にも注意しづらいところです。


正義のミカたん 言っとくけど犬は無罪

 ミカたんは「すごーい」と犬をなでなで。飼い主のおじさんも「うちのペスはかしこいから」と得意げです。


正義のミカたん 飼い主と周りの人の話なんだよな

 しかし、立ち上がったミカたんは、いつのまにか犬にリードをくくりつけています。「え?」と驚く飼い主に、彼女は「犬を逃がさないためじゃないよ」とひと言。「周りの人に安心を与えるためのリードだぞぉ〜」。ですよね!

 誰もが心のなかでは思っていることなのに、相手が逆上しそうで言い出しにくい。そんな時こそ正義のミカたんの出番です。上目づかいを駆使したかわいさで、図に乗る輩(やから)に鉄槌を下してくれるのですから。

SNSをナメてる女


正義のミカたん

正義のミカたん

正義のミカたん

正義のミカたん リアルな意味で特定される

エスカレーター盗撮男


正義のミカたん

正義のミカたん 深淵もまたこちらをのぞいているのだ

映画の感想を聞いてくる男


正義のミカたん

正義のミカたん それだけが答えではないしね

横に並んで歩く女子高生


正義のミカたん

正義のミカたん

正義のミカたん 横並びの人生なんてつまらない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」