ニュース
» 2020年10月24日 12時15分 公開

YouTuberヒカルの“認証バッジ付き偽アカウント”が出現 メキシコのサッカー選手アカウントが乗っ取られて悪用される(1/2 ページ)

認証バッジ付きの偽アカとは……。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 YouTuberのヒカルさん(@kinnpatuhikaru)や、「元青汁王子」として知られる実業家の三崎優太さん(@misakism13)の“認証バッジ付き”偽Twitterアカウントが登場。2人は過去にもたびたび同様の偽アカウント被害に悩まされていましたが、ついに認証バッジ付きの偽アカまで登場とは……。

 問題となっている偽アカウントは、もともとはメキシコのサッカー選手アマンダ・ペレスさんのもの。何者かがアマンダさんのアカウントを乗っ取り、ヒカルさんや三崎さんの名義に改変して悪用したと見られます。

 同アカウントは、フォローとリツイートをした人に「現金10万円を配る」「iPhone 12をプレゼントする」などと不審な投稿を繰り返していました。これらのツイートは既に削除済み。

問題のアカウントは現在アマンダ・ペレス選手の名義に戻っている

 認証済みバッジは本来、Twitter社が著名人のアカウントが本物であるのを示すために付けるもの。架空のプレゼントキャンペーンを謳い個人情報を集めたりする悪質なアカウントは後をたちませんが、今回は「バッジが付いていれば安心」というTwitterユーザーの心理につけ込んだ新しい手口といえます。

 Twitter社が悪質アカウントを早急に停止する対処を徹底してくれるのが一番ですが、残念ながら必ずしもそうではないのが実情。自衛をしつつ被害拡散に加担しないためにも、安易にリツイートをする前に、今一度相手のアカウント情報や前後のツイートをチェックするなどの心がけが求められそうです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む