ニュース
» 2020年10月26日 12時15分 公開

テレワークのためのコーディネート本『きちんと楽ちん「テレウェア」』 新しい生活様式の「何着たらいい?」の疑問に答えます

地味に難しい疑問に、紳士服のプロが答えます。

[しげる,ねとらぼ]

 テレワークの機会が増えた昨今、リモート会議などで一体何を着ればいいのか悩んだ人も多いのではないでしょうか。そういった疑問に答える書籍『きちんと楽ちん「テレウェア」』が、小学館より発売されました。


『きちんと楽ちん「テレウェア」』(小学館)

著者の治山正史氏。「紳士服のはるやま」の社長さんだ

 著者は「紳士服のはるやま」のはるやま商事社長・治山正史氏です。長くビジネス用スーツを販売してきた治山氏が提案するのは、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染拡大で一挙に普及した在宅勤務に対応したビジネスウェア。

 これまでの生活とは異なるテレワーク中に発生する「ネクタイやジャケットは必要?」「ポロシャツやTシャツはOK?」「どんな色の服を着たらいいのか?」といった疑問に答える一冊となっています。

 この書籍では、テレワーク時に最適な服装を「テレウェア」と名付け、Web上での会議や在宅勤務、またカフェなどでの作業やちょっとした出社など、さまざまな状況に合わせた具体的なコーディネートを計50タイプ掲載しています。


カメラに映る範囲がちゃんとしてれば、下は短パンでオッケー!

 「テレウェア」のキーワードは「きちんと」と「楽ちん」。最低限のビジネスマナーを押さえつつ、見えないところで楽ができるような組み合わせを提案しています。

 さらに、洗濯やアイロンがけなどのメンテナンスが容易な素材の洋服をピックアップしているのもポイント。なにかとよくわからないテレワークでの服装に関して、大きな助けとなりそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10