ニュース
» 2020年10月26日 21時40分 公開

「世界で初めて本物のネオンを背負った人になりました」 サイバーパンク感あふれる「ネオン管」ファッションが斬新

着物も相まって、サイバーパンクなアトモスフィアをバンバンに感じる……!

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 サイバーパンク世界には欠かせない、鮮やかな光を放つ「ネオン管」。これを自分の背中に背負い、ファッションの一部に取り入れてしまった人が現れました。


photo ネオン管を自分で背負った人が登場!


 背負っているネオン管は、赤と黄で「電脳」という文字をかたどったもの。頭には光るバイザーを装着し、さらに基板柄の着物に赤い傘、そして背景の秋葉原も相まって、まるでニンジャスレイヤーの世界のようになっています……!


photo ラジオ会館を背景に撮影した時の様子

 画像を投稿したのは、「w」を簡単に連打できる「草専用ボタン」(関連記事)など、さまざまなデザイン・工作活動を行っているタナゴ(チームタナゴ/@1_design)さん。今回のネオン管も自らデザインをしたそうです。


photo 実際に製造されたネオン管

 初期の計画案では文字だけでなく、花なども配置する予定でした。しかし初めのデザインは細かすぎ、もっと大きな看板になると判明。結果、だんだんとシンプルになったそうです。


photo 初期のデザイン案

 実際、製造を担当したアオイネオンのTwitterでは、デザイン案通り慎重にネオン管を曲げていく動画が投稿されています。これは大変そうだ……。



画像提供:タナゴ(@1_design)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ