ニュース
» 2020年10月26日 23時46分 公開

渋谷区のバーチャルハロウィーン、アクセス集中により一部イベントを延期に きゃりーぱみゅぱみゅのバーチャルMini Liveなど

常設コンテンツは引き続き体験可能です。

[ねとらぼ]

 10月26日からスタートした、渋谷区公認のバーチャルハロウィーンイベント「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス」ですが、アクセス集中によるシステム不具合のため、一部イベントを延期することが発表されました。

 延期となったのは、イベント初日(26日)に行われる予定だったオープニングレセプションと、きゃりーぱみゅぱみゅさんによるバーチャルMini Liveの2つ。なお、その他の常設コンテンツは引き続き体験することができます。また、今後の詳細については改めてお知らせするとのこと。



バーチャル渋谷 延期 延期になったイベント

 10月26日から10月31日まで、バーチャルSNS「cluster」上で実施される同イベント。スマートフォンやVRゴーグルなどを使って仮想空間上の渋谷にアクセスできるほか、期間中はNetflixの協力による「ネトフリシネマ」や、お笑い芸人「和牛」のライブなどさまざまなイベントが予定されています。

 例年盛り上がりを見せる渋谷区のハロウィーンですが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策の必要もあり、長谷部健区長も今年は来街を控え、バーチャルのイベントを楽しんでほしいと呼びかけていました。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.