ニュース
» 2020年11月10日 18時00分 公開

【限界徹夜の体験談】ひたすらゲーム漬けで3日徹夜したら、かわいらしい小人さんが見えちゃった……というお話(1/2 ページ)

かわいいけど、見たくはない。

[ねとらぼ]

 「徹夜はやめとけ」「寝たほうが良い」とよく言われますが、なぜなのか。それを考えるために、ねとらぼ読者から「限界まで徹夜でしてアカンことになった体験談」を聞いてみようという連載企画です。今回は「ゲームにのめり込み過ぎて、小人さんが見えちゃった」という方のお話を伺いました。

「ふと気配のようなものを感じて下を見ると、そこには小人たちが……」



 23歳くらいだったころに、ゲームで三徹したことがあります。期待していたゲーム(たぶん「ドラクエ7」)の発売日に親が旅行かなにかで出ていて、ちょうど自宅に一人きりで。

 徹夜しているあいだは食事の支度(と言っても、インスタント食品が大半でした)と、それを食べているとき、トイレに行くとき以外はひたすらゲームをしていました。恥ずかしながら、シャワーすら浴びていませんでしたね……。

―― 超ゲーム漬けですね。

 それでふと気配のようなものを感じて下を見ると、そこには小人たちがいました。

 絵本や童話に出てくるような姿形で、服装は三角のトンガリ帽子にシャツ、半ズボン、布製っぽいブーツという感じ。顔はリアルというより、イラスト寄りだったと思います。

 それがプレステ本体のまわりをキャッキャしながら歩いていたり、5人くらいでゲーム機とテレビをつなぐコードを滑り台みたいにして滑っていたり、あとは、たぶん10人はいたと思うんですけど、何か(本当に分からない何か)をバケツリレーしていたり。

 目にした瞬間、「あ、これヤバいやつだ」とすごく冷静に考えていたのを覚えてます。そのまま小人を放っておいて、ベッドに転がり爆睡しました。

―― そこの判断力はしっかりしてたんですね。

 目が覚めると小人の姿は消えていて(当たり前ですけども)、ゲームもテレビも点いたまま、セーブすらせず放置された状態でした。

 あれから20年たちますが、小人は一度も見ていません。今はもう43歳なので1日なら何とか徹夜もできますが、それ以上は体力的に無理ですね。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10