ニュース
» 2020年10月30日 19時45分 公開

「指一本で、人は人を追い込むことができる」 SNSの誹謗中傷を減らす啓発広告キャンペーン「この指とめよう」立ち上げ

屋外広告の掲出費用を募集します。

[関口雄太,ねとらぼ]

 SNSでの誹謗中傷を減らすための啓発広告「#この指とめよう」を掲出するための資金を調達するプロジェクトが始まりました


「指一本で、人は人を追い込むことができる」 SNS誹謗中傷を減らすための啓発広告「#この指とめよう」がクラファン実施

「指一本で、人は人を追い込むことができる」 SNS誹謗中傷を減らすための啓発広告「#この指とめよう」がクラファン実施

 企画したのは、広告会社 The Breakthrough Company GOのクリエイター、小竹海広さん。キャンペーンでは「指一本で、人は人を追い込むことができる。だから指一本で、人を救うこともできるはずだ」と、SNSで投稿ボタンを押す前に指を止めることを呼び掛けます。一呼吸置き、目の前にいない誰かの人生を想像することが、その誰かの人生を救うかもしれないと呼びかけ。

 調達した資金は広告掲載料やデザイン費などにあて、SNS利用におけるマナー啓発を発信する活動に活用。広告は2020年12月以降に渋谷の屋外広告として掲出を予定しています。

 支援は、個人枠と法人枠が用意されており、個人枠は1000円から応援することができます。

 プロジェクトには、アル代表取締役のけんすうさんが「普通の人が、普通に投稿するときに、少しでも意識が変わることで、インターネット空間がより素晴らしく、人と人がやり取りをするのに心地よいものにすることができると信じています」とコメントを寄せています。

 また女子大生マーケターのくつざわさんからは、「ネットの進化に、人間のネットリテラシーは追いつけていないこと。この広告をきっかけに、いろんな人が気づいてくれるといいなと、私はまだ希望を捨て切れません」という応援メッセージも。

 タレントの田村淳さんなど、ハッシュタグ「#この指とめよう」を添えた著名人の投稿も見られます。


「指一本で、人は人を追い込むことができる」 SNS誹謗中傷を減らすための啓発広告「#この指とめよう」がクラファン実施

「指一本で、人は人を追い込むことができる」 SNS誹謗中傷を減らすための啓発広告「#この指とめよう」がクラファン実施

※本文を一部追記・修正しました(11月1日)



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響