ニュース
» 2020年10月31日 10時30分 公開

小さな探険家フィギュアが日常を非日常に グラスの森を抜け“積みプラ”の洞窟を探る冒険にワクワク

ただそのへんに置くだけで、新たな物語が始まる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 小さな探検家のフィギュアを作って食器棚や本棚などに置くと、幻想的な光景が撮れる――。日常を非日常に変えるアイデアが秀逸です。



小さな探検家 親指サイズの探検家が冒険に出発!

小さな探検家 グラスの森を抜け……

小さな探検家 積みプラモの洞窟に入り……

小さな探検家 積ん読の谷で曹操との出会いが?

 考案者はTwitterユーザーの依田四十郎(@yorita3)さん。兵隊のミニチュアキットと小型LEDのランタンを組み合わせて、探検家に仕上げました。イメージは「借りぐらしのアリエッティ」のお父さんだそうです。


小さな探検家 主な素材はソ連兵の帽子とイギリスの憲兵と米軍のリュック。エポキシポテで少々盛って探検家に

小さな探検家 LEDの両極をランタンの持ち手に加工しつつ配線

小さな探検家 配線は身体の中にはわせて、台座底面のボタン電池に接続

 あとはこれを部屋のそこかしこに置くだけで、グラスは「ガラスの森」、積んでいたプラモや本は洞窟にと、冒険の舞台へ変ぼうします。

 ワクワクする発想と、それを実現する技術が評判を呼び、ツイートは「毎日が楽しくなる」「全ての写真にドラマが見えてすてき」「大冒険の予感しかない」と好評を博しました。なかには「積みプラの秘境感が良い」なんて声も。

 依田さんは普段からジオラマを手がけており、3月にはBooknook(ジオラマ付きのブックスタンド)を「深夜だけ開いている古書店」に演出して話題に。今回の探検家も、現在製作中の新たなBooknookに挑む予定だそうです。


小さな探検家 次なる冒険の舞台はこちら

画像提供:依田四十郎(@yorita3)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.