ニュース
» 2020年10月31日 16時01分 公開

いろんな意味で伝説になったゲーム「ファイナルソード」がiPhoneアプリで再び登場 これでまたファイナルソードできるぞ!

Switch版ベースの“コンソールバージョン”?

[ねとらぼ]

 7月2日にNintendo Switchでリリースされるや、いろんな意味で話題になったゲーム「ファイナルソード」が、iPhoneアプリとして改めてリリースされました。Switch版はその後いろいろあって配信停止になっていましたが……これでまたファイナルソードができるぞ!!!


ファイナルソード 上が今回リリースされた方で、下は以前からある「Mobile Edition」

ファイナルソード タイトル画面

 今回リリースされたのは、もともとスマートフォン向けにリリースされていた「ファイナルソード Mobile Edition」とは別のアプリという位置付け。詳細な違いについては不明ですが、Switch版で追加された「スキル」が追加されていたり、公式Twitterでも「コンソールバージョン」と呼ばれていたりすることなどから、恐らくSwitch版をベースに“逆移植”したものではないかと思われます(※)。

※ただ「Mobile Edition」の方も8月のアップデートでスキルは追加されているようで、詳細な違いについてはやはり不明です



 明確な違いとしては「Mobile Edition」が買い切りアプリだったのに対し、今回リリースされた「ファイナルソード」の方は基本無料で、全編遊びたい場合は860円で「正式バージョン」をアンロックする形になっています。なお序盤を少し触ってみましたが、ゲームパッドにも対応しており、パッドを使えばかなりSwitch版に近い感覚で遊ぶことができました。

 Swtich版はリリース後、プレイヤーを置き去りにして動く床、後ろ向きにダッシュして爆発四散するザコ敵など、いろいろと愉快なゲーム内容で話題に。しかしその後、使用していたBGM素材の権利問題なども指摘され、リリースからわずか4日で配信停止に。従来の「Mobile Edition」は引き続き配信されていましたが、前述の通りSwitch版に比べるといくつかの要素がモバイル版では削られており、「あの話題になったファイナルソード」そのものは長らく遊べない状態が続いていました。



 なお公式Twitterによると、「コンソール発売」(Switch版の販売再開のこと?)については「取り組んでいますが、進行が遅れています」とのことです。



ゲーム画面


ファイナルソード

ファイナルソード

ファイナルソード

ファイナルソード

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」