ニュース
» 2020年11月01日 11時00分 公開

アニメ映画「ウルフウォーカー」が大傑作である「5つ」の理由 「もののけ姫」に通ずる、オオカミの象徴(1/3 ページ)

上映中のアニメ映画「ウルフウォーカー」の素晴らしさを全力で解説する。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 アイルランド・ルクセンブルク合作のアニメ映画「ウルフウォーカー」が10月30日より全国で公開されている。

アニメ映画「ウルフウォーカー」が大傑作である「5つ」の理由。「もののけ姫」に通ずる理由はこれだ! (C)WolfWalkers 2020

 本作を手掛けたスタジオは“カートゥーン・サルーン”。これまで製作した長編作品「ブレンダンとケルズの秘密」「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」「ブレッドウィナー」の3本全てがアカデミー賞長編アニメーション賞にノミネートされるなど、世界的な評価を得ている。

 結論を申し上げれば、本作も抜群のエンターテインメント性と、人間社会への鋭い批評性を同時に備え、何よりもアニメとしてのクオリティーと豊かさに圧倒される、年間ベスト級の大傑作だった。

 しかも、本作は子どもから大人まで見る者を選ばない、海外アニメ映画になじみがない方にも大プッシュでおすすめできる、万人向けの内容でもあった。その理由と、作品の魅力を以下にたっぷりと記していこう。

「ウルフウォーカー」予告

1:女の子2人の友情の物語

 物語の舞台は中世アイルランドの街。オオカミ退治のためイギリスからやってきたハンターを父に持つ少女のロビンは、森の中で“ウルフウォーカー”であるメーヴと出会う。ウルフウォーカーは人間とオオカミが1つの体に共存しており、傷を癒す魔法の力を持っていた。

 この主人公の女の子2人のキャラクターが、とにかく魅力的だ。ロビンは父の森でのハンターの仕事を手伝いたいと願っているが、街では子どもが城壁の外に出ることが禁じられているため、家にこもっての家事、または調理場で働くことを強要されてしまうという、全く自由ではない境遇にいる。

アニメ映画「ウルフウォーカー」が大傑作である「5つ」の理由。「もののけ姫」に通ずる理由はこれだ! ハンター見習いの少女・ロビン/(C)WolfWalkers 2020

 一方、森で自由に暮らしているメーヴはワイルドな性格で、武器を身につけていたロビンにもフランクに接し、やがて森で遊ぶ楽しさを教えてあげる。だが、メーヴはとある理由により眠り続けている母を恋しがっており、物語が進むに連れて年相応の幼さも見えるようになっていく。

アニメ映画「ウルフウォーカー」が大傑作である「5つ」の理由。「もののけ姫」に通ずる理由はこれだ! ウルフウォーカーのメーヴ/(C)WolfWalkers 2020

 彼女たちは性格も住む場所も全く異なる。だが、共に片親が不在であり、孤独を抱えているという共通点もある。彼女たちは子どもらしいふるまいで次第に仲良くなっていき、やがて残酷な大人の世界にも立ち向かうことになる。その過程はかわいらしい以上にけなげでいじらしく、誰もが彼女たちが大好きになり、その幸せを願いたくなるだろう。


2:抑圧されてきた女性の解放を描く

 この「ウルフウォーカー」には、抑圧されてきた女性の解放を描くという、明確なフェミニズムのメッセージがある。

 前述した通り、街で暮らしている少女ロビンは、自分の望む生き方ができないでいる。家にいれば街の権力者である護国卿が一方的に「調理場に行かせろ」と言い放ち、ロビンのお父さんも「お前を守るため」という名目で森へ行くことを禁じている。

アニメ映画「ウルフウォーカー」が大傑作である「5つ」の理由。「もののけ姫」に通ずる理由はこれだ! ロビンとロビンの父・ビル/(C)WolfWalkers 2020

 護国卿は男性社会の権威主義的な価値観を象徴するような悪役キャラクターであり、娘を愛しているはずのお父さんも(その身の安全を心から願うからこそ)ロビンを街の中に閉じ込めてしまう。それは、当時ではなんら不思議ではない考え方であり、現代でも普遍的にある女性への抑圧の構図だ。その護国卿が敬虔なキリスト教徒であり、自らの言動を“神のご意思”のもとで正しいと信じていることも、痛烈な宗教への批評になっている。

 そんなロビンに自由を教えてくれるのが、ウルフウォーカーという魔法の力を持ち、オオカミたちと森で暮らしている少女のメーヴだった。彼女たちが楽しく遊ぶシーンは、この上なく楽しそうで、そして解放的だ。いわば、この「ウルフウォーカー」は、オオカミという動物の自由な生き方と、幼い女の子2人の友情をもって、男性社会からの脱却を爽快感たっぷりに描いているというわけだ。

アニメ映画「ウルフウォーカー」が大傑作である「5つ」の理由。「もののけ姫」に通ずる理由はこれだ! (C)WolfWalkers 2020

 そうした楽しく解放的なシーンがある一方で、この幼い女の子2人が大人の主義主張に従うしかなかったり、はたまた市井の人々からの憎悪の目を向けられるなど、精神的に追い詰められるつらいシーンも多い。それも、現実で同じように苦しんできた女性たちの心情に寄り添うために必要不可欠と思えるものだった。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  2. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  3. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  4. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  5. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  6. /nl/articles/2208/15/news030.jpg 犬「頭なめさせて!」父「なめないで!(汗)」 ゴールデンレトリバーと父の攻防がどっちも必死で笑っちゃう!
  7. /nl/articles/2208/14/news028.jpg 3年ぶりの夏コミだー! 台風を吹き飛ばすコスプレ旋風、100回目の開催を彩るコスプレイヤーさんを全力レポート
  8. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  9. /nl/articles/2208/14/news014.jpg 拾ったときはシャム猫柄だったのに→「気付いたら全身黒くなっていた」 保護猫のビフォーアフターに「どっちも好き!」の声
  10. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい