連載
» 2020年11月02日 18時45分 公開

復縁を迫る夫、逆ギレする浮気相手、非常識な弁護士。登場人物全員おかしい不倫問題にアドバイザーが投げやりに 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

相談の方向がどんどん変わる……!

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは10月30日(金)放送の加藤諦三パーソナリティー回。

 夫の浮気が発覚して離婚したという相談者。てっきり浮気や離婚に関する相談かと思いきや……。

テレフォン人生相談

夫も浮気相手も弁護士も、みんなおかしい!

 相談者は67歳女性。9カ月前に離婚した夫は73歳。

 4年前に夫の浮気が発覚。相手の女性は夫の幼なじみで既婚者。子どもも孫もいるという。それでも40年来の夫婦なので、なんとか関係を修復しようと考えていた相談者だったが……。

 「あまりにも主人の方がダメなもんですから」

 「ご主人の方が本気だったということですか?」

 「そうですね。女に狂っちゃったっていうことかな」

 浮気の発覚後、1年半近く話し合いを続けてきたものの、夫が改心する様子がなかったため別居を決意。それから約1年後に「もう許そうかな?」ということで、浮気相手の女性に電話をしたという。

 「『謝ってください』っていうことを言ったらば、『アナタに謝ることなんか100%ないから』って。その電話を切る前に、『40代の時に1回遊んだんだよ』って、女の人が言ったんですよ」

 別に問題が解決したわけでもないのに「もう許そうかな」と相手女性に電話をかける相談者の行動もよく分からないが、その電話で逆ギレする浮気相手よ……。

 しかも最近の浮気だけではなく、自分から20年以上前の浮気まで告白してしまった。夫も子も、孫までいるというのに!

 「私も主人からは、見つかったときから6年間のことしか聞いてなかったので(発覚した6年前から浮気をしていたと言っていたのだろう)、『え?』ということになって。電話を切ってから『向こうは20何年も前からやってるって言ってるんだけど、どういうことなんですか?』って主人に聞いたら、『実は単身赴任のときからだ』っていうことで」

 浮気相手は「40代のときに1回遊んだ」と言っていたが、実は1回どころではなく、20年以上前から継続的に付き合っていたようだ。

 これはもう「許そうかな?」なんて話ではない。

 「ダメだなと思ったから弁護士さんに行って話して、『向こうを訴えてもらいたい』っていうことで言ったんです。で、主人に『反省してるっつんだったらば書面書いてください』つったらば、同窓会のときにこういう風にして、この時間にホテルに入った……全部書いてくれたんですね」

 そのときの告白によると、20数年前、夫が単身赴任をしていた頃、その部屋に浮気相手がちょくちょく泊まりに来ていたという。

 「近所の目もあるから夜の7時に駅へ迎えに行って、泊まって。1日中、24時間。次の日暗くなるまでそこに入っていたと。そして夜になってから駅まで送っていって……」

 単身赴任中だけの気の迷いならまだしも、この関係がとっくに定年退職しているであろう4年前まで続いていたということだ。相談者の裏切られたという意識も強いだろう。

 「そいで、アナタが今日相談したいっていうことはどういうことですか?」

 不倫の時効は発覚してから3年間。相談者が相手女性を訴えようと弁護士の元を訪れたときには、既にその時効が近づいていたという。

 ただ、相手女性を訴えるためには、夫の書いた書面だけでは証拠として不十分。夫自身が証人になる必要があるのだが、夫が「証人にはならない」と突っぱねていたため訴訟に踏み切ることができず。仕方なく9カ月前に離婚届だけを提出したのだ。

 「つまり、アナタが今日、相談したいことっていうのは……?」

 「(結局、裁判にならなかったので)弁護士さんにその証拠書類と言ってはおかしいけど、携帯電話で録音した物とかそういう物を全部、返していただきたいって言ったんですけども、1年以上経っても返していただけないでいるんです」

 夫もその浮気相手もいろいろとおかしい今回の相談だが、本題はまさかの弁護士! 預けていた証拠を弁護士が返してくれないなんてことあるの!?

テレフォン人生相談
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」