ニュース
» 2020年11月02日 19時00分 公開

九州の納豆メーカーが豆で戦うシューティングゲーム公開 弾数制限がシビアでスコアアタックがアツい!

高得点を取ると、プレゼントの当選率がアップ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 九州では学校給食でもおなじみ、熊本の納豆メーカー「丸美屋」が、ブラウザゲーム「戦え!納豆deバスターズ」を公開しました。“わらづと”から豆を放ち、敵を撃退するシューティングなのですが、メルヘンチックなビジュアルとは裏腹に、けっこう難しくて熱くなれます。

※ふりかけが有名な「丸美屋食品工業」とは別の会社


納豆 戦え!納豆deバスターズ

納豆 タップした方向へ豆を放つシンプルなシューティング

 プレイヤーキャラクターは同社のマスコット「パワーキッズ」。1分間、上の方から次々と現れる悪玉菌チックな敵を撃ち倒し、時間内に獲得したスコアを競います。ただし、味方を撃つと減点となるペナルティーも。


納豆納豆 倒した敵の種類に応じてスコアを獲得。ただし仲間を撃つと大減点なので、無闇に撃つと大変なことに

納豆納豆 残り10秒になると敵がラッシュで到来。1プレイに1回だけ使える必殺技「ネバーネット」で一掃するのが良さそうですが、味方も巻き込むので使いどころが難しい

 同作の一番難しいところは、100発の弾数制限。敵はそれ以上に出現するうえに、なかには数発当てないと倒せないものもいます。高得点の敵を優先して狙うなど、弾の配分がハイスコアのカギになりそう。


納豆 持ち弾100発に対し、出現した敵は138体。これは、5点しかくれない赤のザコはスルーかな

 このゲームは同社の創業65周年企画の一環。ゲーム終了後には「応募する」ボタンから、現金5万円やプレイステーション 4(500GB)が当たるプレゼントキャンペーンに参加できます。スコアが高いほど当選率が上がるので、これは精進しなくては……。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」