ニュース
» 2020年11月02日 19時00分 公開

九州の納豆メーカーが豆で戦うシューティングゲーム公開 弾数制限がシビアでスコアアタックがアツい!

高得点を取ると、プレゼントの当選率がアップ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 九州では学校給食でもおなじみ、熊本の納豆メーカー「丸美屋」が、ブラウザゲーム「戦え!納豆deバスターズ」を公開しました。“わらづと”から豆を放ち、敵を撃退するシューティングなのですが、メルヘンチックなビジュアルとは裏腹に、けっこう難しくて熱くなれます。

※ふりかけが有名な「丸美屋食品工業」とは別の会社


納豆 戦え!納豆deバスターズ

納豆 タップした方向へ豆を放つシンプルなシューティング

 プレイヤーキャラクターは同社のマスコット「パワーキッズ」。1分間、上の方から次々と現れる悪玉菌チックな敵を撃ち倒し、時間内に獲得したスコアを競います。ただし、味方を撃つと減点となるペナルティーも。


納豆納豆 倒した敵の種類に応じてスコアを獲得。ただし仲間を撃つと大減点なので、無闇に撃つと大変なことに

納豆納豆 残り10秒になると敵がラッシュで到来。1プレイに1回だけ使える必殺技「ネバーネット」で一掃するのが良さそうですが、味方も巻き込むので使いどころが難しい

 同作の一番難しいところは、100発の弾数制限。敵はそれ以上に出現するうえに、なかには数発当てないと倒せないものもいます。高得点の敵を優先して狙うなど、弾の配分がハイスコアのカギになりそう。


納豆 持ち弾100発に対し、出現した敵は138体。これは、5点しかくれない赤のザコはスルーかな

 このゲームは同社の創業65周年企画の一環。ゲーム終了後には「応募する」ボタンから、現金5万円やプレイステーション 4(500GB)が当たるプレゼントキャンペーンに参加できます。スコアが高いほど当選率が上がるので、これは精進しなくては……。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」