ニュース
» 2020年11月16日 11時30分 公開

何を言ってるか分からねえと思うが、サバ缶に入っているサバ缶のレビュー同人誌『鯖缶批評』がおいしそう

※缶詰にしか見えませんが、中身は本です。

[ねとらぼ]

 同人誌制作者さんに作品へのこだわり、思い入れなどを伺う読者応募企画「装丁にこだわりまくった同人誌、教えてください」。今回は「サバ缶の中に入ってる、サバ缶のレビュー本」のお話を伺いました。言葉で聞くと意味が分からないと思いますが、画像で見れば一目瞭然。

注:同人誌です
注:切り口に注意が必要なのは、中身が本のときでも一緒です
中身の本はこんな感じ

『鯖缶批評』

  • サークル名:東相模原研(刊行当時は「東SOKEN」名義)/Twitter:@higashisagamiha) 
  • 制作者名:みっぱら(ティザーサイト:東SOKEN
  • 最初期はカフェオレレビュー本、牛乳レビュー本など飲食評論本を作っていました。代表作は『白い粉これくしょん』、紙ウエスの見本帳『WIPE OUT』、『石灰石レビュー』など。現在は旅行サークルとして全国にある空港をしらみつぶしに訪れています。下地島空港はいいぞ。

丸いサバ缶の中に、丸いサバ缶のレビュー本が入っていて、丸いサバ缶の写真が載っている『鯖缶批評』

―― 2016年に制作された『鯖缶批評』、「サバ缶を紹介する本をサバ缶に入れる」というアイデアはどのように生まれたのでしょうか?

 発端は『鯖管が選ぶサバ缶の本』というコピー誌を作ったこと。当時の職業がサーバーの管理者だったので、サバ缶のレビュー本を作りました。表紙を作るために、ラックマウントサーバのベゼルだけヤフオクで買ってきたのを思い出します。

『鯖管が選ぶサバ缶の本』の表紙は、缶詰のラベルに書名が収まるデザイン。続く『鯖缶批評』では本自体が缶の中に収まることに

 その本で取り上げたサバ缶は16種類。次には、もっと多くレビューした本を作る予定になっていて、私はサバ缶を見ながらこう思ったんです。

 「サバ缶の本を、サバ缶に入れることはできないか」。

―― そうでした。ひらめきって、そういうものでしたね。

ちなみに、開封したサバ缶の写真は真上から撮影。丸いサバ缶の写真が、丸い本にすっぽり収まるような載せ方

 本があまりにも小さいと読みにくくなってしまうので、缶はツナ2号缶(内径83.4ミリ/高さ45.5ミリ)に。本はそこに収まる丸い形状で、厚さは2センチあります。

 ちなみに本の形は正円ではなく、正確にはホタテ型になっています。

―― まん丸ではなくて、普通の本で言うところの背表紙部分(各ページがつながっている部分)だけ真っすぐになっていますよね。

正確にはホタテ型で、本の背中だけ真っすぐ

 これは正円の一部をカットした結果ではなく、最初からそのような形で作ってもらっています。印刷会社さんいわく「正円から作る方法だとブッシュ抜き加工(分厚い紙などを金型でまとめて抜く方法)をした際、背にバリ(突起)が出てしまう」とのことでした。

 それを詰めた“本の缶詰”が完成した後、手間が掛かったのは缶側面のラベル貼り。イベントで持っていく分の缶のシールを、前日の夜に手作業で貼っていきました。

 また、後日談となりますが、レビュー当時はサバ缶を食べまくっていたので、それから数年間、サバが苦手になりました。現在もちょっと苦手です。

―― 『鯖缶批評』をブースで目にした方からは、どんな反応がありましたか?

 そもそも本であることに気付いてもらえませんでした。“中身の本”をサンプルとして持っていくことで解決しましたが、“外見の缶”だけだと初見では全く分かりません。

―― ホンというかカンですもんね。

 あと「開けないと読めないけど、開けると缶の形が損なわれる」ということで、保存用と観賞用で買っていく方もいましたね。

 実は私も、『鯖缶批評』の缶は開けたことがないんですよね。“中身の本”は別に印刷会社さんから受け取っていて、開封しなくても読めるので。

 開缶すると、本の下に発泡スチロールが入っている(中身の高さを缶の高さに合わせるため)はずなのですが、まだ見たことがありません。

本企画では取材させていただける方を常時募集しています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む