ニュース
» 2020年11月16日 11時30分 公開

何を言ってるか分からねえと思うが、サバ缶に入っているサバ缶のレビュー同人誌『鯖缶批評』がおいしそう

※缶詰にしか見えませんが、中身は本です。

[ねとらぼ]

 同人誌制作者さんに作品へのこだわり、思い入れなどを伺う読者応募企画「装丁にこだわりまくった同人誌、教えてください」。今回は「サバ缶の中に入ってる、サバ缶のレビュー本」のお話を伺いました。言葉で聞くと意味が分からないと思いますが、画像で見れば一目瞭然。

注:同人誌です
注:切り口に注意が必要なのは、中身が本のときでも一緒です
中身の本はこんな感じ

『鯖缶批評』

  • サークル名:東相模原研(刊行当時は「東SOKEN」名義)/Twitter:@higashisagamiha) 
  • 制作者名:みっぱら(ティザーサイト:東SOKEN
  • 最初期はカフェオレレビュー本、牛乳レビュー本など飲食評論本を作っていました。代表作は『白い粉これくしょん』、紙ウエスの見本帳『WIPE OUT』、『石灰石レビュー』など。現在は旅行サークルとして全国にある空港をしらみつぶしに訪れています。下地島空港はいいぞ。

丸いサバ缶の中に、丸いサバ缶のレビュー本が入っていて、丸いサバ缶の写真が載っている『鯖缶批評』

―― 2016年に制作された『鯖缶批評』、「サバ缶を紹介する本をサバ缶に入れる」というアイデアはどのように生まれたのでしょうか?

 発端は『鯖管が選ぶサバ缶の本』というコピー誌を作ったこと。当時の職業がサーバーの管理者だったので、サバ缶のレビュー本を作りました。表紙を作るために、ラックマウントサーバのベゼルだけヤフオクで買ってきたのを思い出します。

『鯖管が選ぶサバ缶の本』の表紙は、缶詰のラベルに書名が収まるデザイン。続く『鯖缶批評』では本自体が缶の中に収まることに

 その本で取り上げたサバ缶は16種類。次には、もっと多くレビューした本を作る予定になっていて、私はサバ缶を見ながらこう思ったんです。

 「サバ缶の本を、サバ缶に入れることはできないか」。

―― そうでした。ひらめきって、そういうものでしたね。

ちなみに、開封したサバ缶の写真は真上から撮影。丸いサバ缶の写真が、丸い本にすっぽり収まるような載せ方

 本があまりにも小さいと読みにくくなってしまうので、缶はツナ2号缶(内径83.4ミリ/高さ45.5ミリ)に。本はそこに収まる丸い形状で、厚さは2センチあります。

 ちなみに本の形は正円ではなく、正確にはホタテ型になっています。

―― まん丸ではなくて、普通の本で言うところの背表紙部分(各ページがつながっている部分)だけ真っすぐになっていますよね。

正確にはホタテ型で、本の背中だけ真っすぐ

 これは正円の一部をカットした結果ではなく、最初からそのような形で作ってもらっています。印刷会社さんいわく「正円から作る方法だとブッシュ抜き加工(分厚い紙などを金型でまとめて抜く方法)をした際、背にバリ(突起)が出てしまう」とのことでした。

 それを詰めた“本の缶詰”が完成した後、手間が掛かったのは缶側面のラベル貼り。イベントで持っていく分の缶のシールを、前日の夜に手作業で貼っていきました。

 また、後日談となりますが、レビュー当時はサバ缶を食べまくっていたので、それから数年間、サバが苦手になりました。現在もちょっと苦手です。

―― 『鯖缶批評』をブースで目にした方からは、どんな反応がありましたか?

 そもそも本であることに気付いてもらえませんでした。“中身の本”をサンプルとして持っていくことで解決しましたが、“外見の缶”だけだと初見では全く分かりません。

―― ホンというかカンですもんね。

 あと「開けないと読めないけど、開けると缶の形が損なわれる」ということで、保存用と観賞用で買っていく方もいましたね。

 実は私も、『鯖缶批評』の缶は開けたことがないんですよね。“中身の本”は別に印刷会社さんから受け取っていて、開封しなくても読めるので。

 開缶すると、本の下に発泡スチロールが入っている(中身の高さを缶の高さに合わせるため)はずなのですが、まだ見たことがありません。

本企画では取材させていただける方を常時募集しています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる