ニュース
» 2020年11月18日 18時00分 公開

【限界徹夜の体験談】1週間眠らなかった人による「似た経験をしている人は意外と多いんじゃないかな」というお話(1/2 ページ)

どういう理由で、そんなに起き続けるんです?

[ねとらぼ]

 「徹夜はやめとけ」「寝たほうが良い」とよく言われますが、なぜなのか。それを考えるために、ねとらぼ読者から「限界まで徹夜してアカンことになった体験談」を聞いてみようという連載企画です。今回は「1週間寝なかったことがあるが、似た経験をしている人は意外と多いのではないか」というお話を伺いました。

眠れない人の事情



 12年前、1週間起き続けていたことがあります。たぶん同じような経験をしている人、意外と多いんじゃないかなぁと思います。

―― 1週間寝ないって、徹夜に換算すると七徹していることになりますよね。どういう事情なのでしょうか?

 当時、私は小学生の子どもを地域の吹奏楽部に入れていたのですが、そこでは卒部した子の親が居座って、子どもたちに嫌がらせのように強く当たることが増えていました。うちの子も楽器が楽しくなくなり、仲良しの後輩がみんな辞めていくなかで神経性胃炎を発症しました。

 私は私で、その部の会長を務めることになったり、前年の会計に使い込みが発覚して10万円を肩代わりしたり……といろいろと抱え込んでいました。

 夜になっても「これから部をどうしよう」「あのお母さんとは付き合いたくない」「肩代わりした借金の取り立てに行っても、また娘を使って居留守を決め込むんだろうな」と考え込むようになり、全く眠気が来なくなりました。

 不安から逃れるように、子どもを寝かしつけてからTwitterやゲーム、チャットをしていました。あのころ、パソコンは立ち上げたままで、消すことはなかったと思います。

―― 徹夜によくある「何かをするために自発的に寝ない」ではなく「眠れなくて徹夜に近い状態になってしまう」という状況ですか。

 あるとき、Twitterで「1週間眠れていない」とつぶやいたら、心療内科に通っている子から一度受診するように言われて。不眠症とうつ病の診断を受けました。結局、半年間通院して、睡眠薬とうつ病の薬を処方してもらっていました。

 うちの子も限界だったので、吹奏楽部は退部。「主人の単身赴任先で一度、人間関係をリセットしよう」と引っ越しをすることに決め、私は睡眠薬からは離れました。

 ですが、引っ越し先で仕事がキツく、再び不眠症とうつ病を発症。一年たたずにまた薬に頼るようになりました。以来、うつ病が軽くなっても不眠症は治ることなくきています。

 現在はお薬を飲んでもすぐには眠くならないので、YouTubeを見て時間をつぶし、深夜1時くらいになったら過去に見た動画をBGM代わりにいくつも再生して、どうにかして眠っています。

 最近はショートスリーパーの方が調子がいいかもしれないと思っており、病院の先生からも「眠る時間にこだわらず寝れればいい」と言われているので、朝6時ごろ、主人が出掛ける準備をしているのを聞いて眠るような感じ。3時間寝られたら自分をほめてあげるようにしています。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」