ニュース
» 2020年11月05日 14時36分 公開

椅子「スゴイッス」たき火台「めちゃもえファイヤー」カタログで笑顔になれるキャンプ用品が人気 狙いを聞いた

「タケノコテント」「カマボコテント」。なるほどイメージしやすい。

[コンタケ,ねとらぼ]

 近年のキャンプブームでキャンプグッズ需要が高まりつつある中、メーカー「DOD」の商品ネーミングセンスに注目が集まっています。新商品ページをちょっと見て見るだけでも、ボックス「ヨクミルヤーツ」にキャンプチェア「スゴイッス」などが登場。小林製薬か?



DOD キャンプ スゴイッス ソトネノキワミ 確かによく見るやーつ(以下、画像はDODから)

DOD キャンプ スゴイッス ソトネノキワミ もはや分かり易すぎてコメントできない

 DODは、ビーズ社が展開するキャンプ用品ブランド。「お店には(ほとんど)置かない」「広告はしない」など独特な理念を掲げています。

 そして独特なのは理念だけでなく、商品名も同様。もはや無難なネーミングの商品の方が少ないぐらいで、キッチンテーブル「ソトデーチューボー2」やたき火台の下に敷く「タキビバビデブー」キャンプ用マット「ソトネノキワミ」など分かり易すぎる商品が並びます


DOD キャンプ スゴイッス ソトネノキワミ

DOD キャンプ スゴイッス ソトネノキワミ

DOD キャンプ スゴイッス ソトネノキワミ アァァー!

 ネット上では、「機能わかりやっっっす」「タキビバビデブーにもっていかれました」「ネーミングセンスピカイチ」「ソトネノキワミィーアァァァー!!」といった声があがったこれらの商品名。いったいどのように決めているのか、DODに話を聞いてみました。

 商品名を決める際は企画開発者が提案し、その後社内のチャットシステム上で大喜利ような流れになりドンドン決まっていくそうです。どの社員にも、1つぐらいは自分で名前をつけた商品があるのではないかとのこと。

 ユニークな商品名をつけるようになったきっかけは、アウトドアのギア(用品)のネーミングは特徴がなく、消費者も覚えにくいのではないかと思ったことから。社内でも間違えることが多かったため、もっと覚えやすく子どもにもなじんでもらえる名前にしようということになり現在のネーミング付けが始まったそうです。




 さまざまなメーカーから出ているキャンプ用品ですが、商品名だけで話題にできそうというだけでも商品を選ぶきっかけとなりそうですね。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む