ニュース
» 2020年11月05日 14時36分 公開

椅子「スゴイッス」たき火台「めちゃもえファイヤー」カタログで笑顔になれるキャンプ用品が人気 狙いを聞いた

「タケノコテント」「カマボコテント」。なるほどイメージしやすい。

[コンタケ,ねとらぼ]

 近年のキャンプブームでキャンプグッズ需要が高まりつつある中、メーカー「DOD」の商品ネーミングセンスに注目が集まっています。新商品ページをちょっと見て見るだけでも、ボックス「ヨクミルヤーツ」にキャンプチェア「スゴイッス」などが登場。小林製薬か?



DOD キャンプ スゴイッス ソトネノキワミ 確かによく見るやーつ(以下、画像はDODから)

DOD キャンプ スゴイッス ソトネノキワミ もはや分かり易すぎてコメントできない

 DODは、ビーズ社が展開するキャンプ用品ブランド。「お店には(ほとんど)置かない」「広告はしない」など独特な理念を掲げています。

 そして独特なのは理念だけでなく、商品名も同様。もはや無難なネーミングの商品の方が少ないぐらいで、キッチンテーブル「ソトデーチューボー2」やたき火台の下に敷く「タキビバビデブー」キャンプ用マット「ソトネノキワミ」など分かり易すぎる商品が並びます


DOD キャンプ スゴイッス ソトネノキワミ

DOD キャンプ スゴイッス ソトネノキワミ

DOD キャンプ スゴイッス ソトネノキワミ アァァー!

 ネット上では、「機能わかりやっっっす」「タキビバビデブーにもっていかれました」「ネーミングセンスピカイチ」「ソトネノキワミィーアァァァー!!」といった声があがったこれらの商品名。いったいどのように決めているのか、DODに話を聞いてみました。

 商品名を決める際は企画開発者が提案し、その後社内のチャットシステム上で大喜利ような流れになりドンドン決まっていくそうです。どの社員にも、1つぐらいは自分で名前をつけた商品があるのではないかとのこと。

 ユニークな商品名をつけるようになったきっかけは、アウトドアのギア(用品)のネーミングは特徴がなく、消費者も覚えにくいのではないかと思ったことから。社内でも間違えることが多かったため、もっと覚えやすく子どもにもなじんでもらえる名前にしようということになり現在のネーミング付けが始まったそうです。




 さまざまなメーカーから出ているキャンプ用品ですが、商品名だけで話題にできそうというだけでも商品を選ぶきっかけとなりそうですね。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.