ニュース
» 2020年11月05日 16時35分 公開

「投げ銭は最高5ドルまで」 世界的な人気ゲーム実況者の決断に反響 (1/2)

「相応のリアクションをしなければ」と、高額な投げ銭が重荷になっていたそうです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Twitchで活躍するゲーム実況者のpokimane@pokimanelol)さんが、自身のチャンネルへのビッツCheering(いわゆる「投げ銭」)に5ドル(約520円)の上限を設けると発表しました。それまで応援をしてくれたファンに謝意を述べつつ、「気前の良い人は成長中のチャンネルや慈善団体の支援、自分自身にお金を使ってください」とコメントしています。


pokimane 配信者にとって投げ銭は多いに越したことはないはずですが、そこをあえて少額に制限

 pokimaneさんはTwitchのフォロワーが600万人を超えるトップクラスの配信者で、それだけに高額な支援が寄せられる機会も多々あります。うらやましい話ではありますが、むしろ彼女とってそれは重荷になっていたと、海外メディアPolygonは報じています。


pokimane pokimaneさんのTwitchプロフィール。最近の配信タイトルは「APEX LEGENDS」

 彼女は高額な投げ銭を受けるたびに、視聴者の期待に応えねばと気負っていた様子。しかしうまく期待に応えたり、相応なリアクションができていないと感じていて、気まずい思いをしていたといいます。

 そこで実況用ツール提供会社のStreamlabsへ協力を求め、投げ銭に制限をかける仕組みを設定。同社も投げ銭を増やすための相談こそあれ、減らす要望を受けたのは初めてだったとPolygonに語っています。

 pokimaneさんの決断は大きな反響を呼び、ファンや配信者の賛意に迎えられました。日本でも「人気者には人気者の悩みが」「多くのファンを大切にする良い判断」など、好意的な意見が上がっています。

 なお彼女はTwitchと複数年契約を結んでおり、投げ銭に頼らず活動できるという背景もあります。ゆえに「彼女の立場だからできるのであって、これが標準化されると後進がつらいのでは」との指摘もあります。とはいえ、投げ銭のインフレが配信界隈(かいわい)を不健全にするといった懸念も多く、「トップがこういう決断ができるのは業界にとって良いこと」と、おおむね好評のようです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」