ニュース
» 2020年11月06日 18時45分 公開

米国で「コンタクトレンズ着け外しロボ」が開発される 眼球に近づいてレンズをぺとっ

大きくて難しいレンズの着け外しが簡単になりそうです。

[関口雄太,ねとらぼ]

 米フロリダ州にて、コンタクトレンズの着け外しをしてくれるロボットが開発され、導入に向けた臨床試験が実施されています。


目を開けて「取り外して」と頼めばOK コンタクトレンズの着け外しをしてくれるロボットが誕生 ロボットがレンズを眼球に運んでくれる(画像はLocal10.comより)

 音声起動型のロボットは、小さなホース状のパーツが動いて、コンタクトレンズの着け外しをサポート。開発者のクレイグ・ハーズホフさんは、Facebookにて、開発中の様子を公開しています。「取り外して」という声に反応して起動し、ホースが眼球に近づきます。レンズに接触すると、吸盤のようにレンズをつかみとり、目から取り外してくれます。機械が迫ってくる怖さがありそうですが、ロボットの動きはやさしくゆっくりしているので、安心して使えそうです。


目を開けて「取り外して」と頼めばOK コンタクトレンズの着け外しをしてくれるロボットが誕生 取り外しもしてくれます(画像はFacebookより)

 海外メディアの紹介によると、このロボットは強膜レンズという特殊なコンタクトレンズの着脱に使用するもの。疾患やケガなどにより視力が低い人が、視力のサポートに使うことが多いレンズです。通常のコンタクトレンズよりも直径が大きいため、高齢者などが装着する際に、難しいという問題がありました。開発者のハーズホフさん自身、高齢者として使ってみたところ、快適に使えたと感想を語っています。

 開発されたロボットは現在、ボストンで臨床試験を行っています。試験結果により、ハーズホフさんは2021年初旬に米国食品医薬品局(FDA)の認可を得たいと考えているようです。

 なお開発者のハーズホフさんは、コンタクトレンズ装着ツール「CHIO」を開発した会社の創業者でもあります。

CHIOは一般的なコンタクトレンズの着脱をサポートするツール

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響