ニュース
» 2020年11月07日 09時00分 公開

『鬼滅の刃』を借りてきたら、60代の父母が……? はやりものへの反応がブームを実感させる実録漫画(1/2 ページ)

遅れて流行に乗るのって、ちょっと恥ずかしいですしね……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 『鬼滅の刃』の単行本を借りてきたら、60代の母親が「それ鬼滅の刃でしょう……!?」とドキドキしながら近寄ってきた――。漫画家の並庭マチコ(@manga_m)さんの実録漫画が、「世代を問わず認知されててすごい」と話題を呼んでいます。


1-1 お母さんの反応がかわいい

 流行の品を見てソワソワし、なぜか顔を赤らめるお母さん。なんだか“いけないもの”を見てしまったような反応です。


1-2 お父さんもかわいかった

 するとお父さんも、「鬼滅の刃持ってるってママから聞いたんだけど」と、なぜか小声で聞いてきます。興味津々なのに、はやりものに触れるのが恥ずかしいのか、とにかく初々しい。

 並庭さんは父母の反応を「クラスメイトが学校にエロ本持ってきたみたい」と評しつつ、『鬼滅の刃』ブームを実感するのでした。


 漫画には「もっと高齢のウチの母もハマった」といった、ブームを物語るようなリプライが多数。両親の反応に見える「乗り遅れた鬼滅への距離感」に共感する声もみられます。流行したあとからだと、ちょっと気後れするの分かるわあ。


 並庭さんはユニークなお母さんの暮らしぶりを、『プリンセスお母さん』として漫画化(関連記事)。最近も『暗殺教室』を『殺人教室』と言い間違えたり夢の中でポール・マッカートニーと結婚したり、お母さんのフリーダムな日々をつづっています。

作品提供:並庭マチコ(@manga_m)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10