ニュース
» 2020年11月07日 20時00分 公開

難病で下半身マヒの猫を保護 「幸せにしたい」と寄り添う少年と猫ちゃんの交流に心が洗われる(1/2 ページ)

いいお話。

[k村,ねとらぼ]

 先天性の難病で下半身マヒの猫ちゃんと、猫ちゃんに愛情を注ぐ少年の交流がYouTubeに投稿されています。

Little Boy Reads Books To The Cat His Family Rescued | The Dodo

 暗く汚いガレージに1匹でいたところを保護された猫の「ルー」。遺伝性疾患の“ムコ多糖症”という難病のため、下半身がマヒし思うように動くことができません。そんなハンディのあるルーを引き取った少年トビアスの家族たち。トビアスは、「ルーを幸せにしてあげたい。寂しい思いをさせたくないんだ」と語ります。

 その言葉どおり、トビアスは動けずに横になるルーに寄り添い、絵本を読んであげたり、一緒に宿題をしたりと出来る限りの時間を過ごします。動画には、優しく絵本を読み聞かせるトビアスをジッと見つめるルーが。同じベッドで向かい合ってすやすやと眠る姿は、本当の兄弟のようです。


ALT 優しく本を読んであげるトビアス

ALT 向かい合って寝る姿にほっこり

 動画には「この少年はヒーローだね」「笑顔になれました」「トビアスとルーが尊い」など、感動のコメントが寄せられており、彼らの姿に癒やしをもらった人が続出したようです。トビアスとルーの仲むつまじい姿は、Instagram(@triumphant_teagan)にも投稿されています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10