ニュース
» 2020年11月08日 22時00分 公開

「まぶたなくなる!」 腹ぺこの猫ちゃん、飼い主の起こし方がとても過激で…… 強烈な“目覚まし猫“漫画が面白い (1/2)

過激派な目覚まし。

[三日月影狼,ねとらぼ]

 Instagramに投稿された、痛すぎる猫ちゃんの目覚ましを描いた漫画に思わずくすっと笑ってしまいます。





 漫画の作者であるみなみなみさんのお宅には、キジトラ白(キジ白)の女の子「たま」ちゃんと黒猫の男の子「てつ」くんが暮らしています。たまちゃんは(お腹が減った朝だけ)飼い主さんを起こしてくれるありがたーい目覚まし猫ちゃんなのですが、そのやり方が少々過激だそうで……?


目覚まし猫ちゃん漫画1 目覚まし猫のたまちゃん

 たまちゃんが飼い主さんを起こしたいときにとる手段、それはなんとまぶたをめちゃくちゃに引っ張ること。寝返りを打って抵抗しても、決して逃してくれないそうです。想像しただけでもだいぶ痛そう……!


目覚まし猫ちゃん漫画2 今まで数々の方法で飼い主さんを起こしてきたそうです


目覚まし猫ちゃん漫画3 ありがたい反面、ちょっと痛そう……

 たまちゃんが起こしてくれた日はちゃんと起きられてありがたいものの、1日中まぶたがひりひりと痛んでしまう飼い主さんなのでした。

 これまでも鼻フックやポスター破り、薬箱落としなどさまざまな手段で飼い主さんを起こしてくれたというたまちゃん。今後たまちゃんがどんな手段で飼い主さんを起こそうとするのか楽しみですが……たまちゃん、あんまり痛くしないであげてね……!!









 みなみなみさんはInstagram(@tamatetsu1173)やTwitter(@m15287111)に猫ちゃんたちの写真や動画、漫画をアップしています。イラストを使ったグッズLINEスタンプも販売中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」