ニュース
» 2020年11月08日 18時50分 公開

『進撃の巨人』エレンたちが銅像に 作者・諫山さんの故郷に登場(1/2 ページ)

大山ダムをウォール・マリアに見立て、エレン、ミカサ、アルミンの銅像を設置しました。

[ねとらぼ]

 漫画『進撃の巨人』の作者、諫山創さんの故郷の大分県日田市に、エレン、ミカサ、アルミンの銅像が登場しました。設置場所は大山ダムの下流広場です。

 町おこしプロジェクト「進撃の巨人 in HITA 〜進撃の日田〜」の一環として作成されたもの。大山ダムをウォール・マリアに見立て、3人の始まりのシーンを銅像で再現しています。除幕式は当初4月に予定されていましたが、感染症対策として延期になり、11月8日に行われることとなりました。

 設置費用はクラウドファンディングで募り、目標(1400万円)の200%を超える資金を集めました。ネクストゴールの2500万円もクリアしたため、日田駅前の広場にリヴァイ兵長の銅像を設置することも決定しています。

銅像の制作過程
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10