ニュース
» 2020年11月09日 19時15分 公開

【追記】サーバ管理会社の更新ミスで「ふくいナビ」の全データが消失 バックアップデータも消えて「復旧が不可能な状態」

サイトのシステムの全プログラムも完全に消失しました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 公益財団法人ふくい産業支援センター(福井県坂井市)は、同センターが管理運営するWebサービス「ふくいナビ」において、システムの全プログラムおよび全データが完全に消失したことを11月5日付で発表しました。

 ふくいナビは、福井県の企業の相互交流などの支援サービスを提供するポータルサイト。データ消失の原因はサーバ管理会社のミスによるもので、契約していたクラウドサーバの更新手続きが行われていなかったとのことです。


福井県 ふくいナビ 障害 サーバ管理会社 更新 ミス データ 消失 NECキャピタルソリューション ふくい産業支援センターの発表

 発表によると同センターは、サーバ管理会社であるNECキャピタルソリューションと年10月31日までクラウドサーバの賃貸借契約を結んでおり、10月13日にその契約を更新していましたが、NECキャピタルソリューションの社内手続きのミスによって「更新手続きがなされておらず、貸与期間が終了したとしてデータが削除」されたとしています。

 今回の被害状況については、消失したシステムは「再構築は可能ですが、相当の期間が必要で再稼働の時期は現時点では未定」。そして登録データは、バックアップデータを含む全てが完全に消失し、さらに「復旧が不可能な状態」とのことです。

 消失したのはサイト上に掲載されていた企業支援情報のほか、メールマガジンや、登録されていたメーリングリストの利用データなども含まれます。なお、利用者の情報漏えいはありません。


福井県 ふくいナビ 障害 サーバ管理会社 更新 ミス データ 消失 NECキャピタルソリューション 現在アクセスできなくなっている「ふくいナビ」

11月20日23時追記

 サーバー管理会社のNEC キャピタルソリューションより、復旧の目途が立ったことが発表されました。同社は12月末までにシステムの復旧を目指すとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10