ニュース
» 2020年11月10日 20時30分 公開

トランプ大統領の弁護団がなぜか造園業者の駐車場で記者会見→会場がVRChatで再現され盛大にいじられる

高級ホテルで会見するはずだった……?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 米大統領選に不正があったとして法廷闘争に臨むドナルド・トランプ氏の弁護団が、なぜか記者会見を造園業者の駐車場で開いてしまいました。この出来事はネットで盛大にいじられ、会場となった駐車場が「VRChat」上に仮想空間として再現される事態にまで発展しています。

ワールドの作者が投稿した動画。みんな動物のアバターになって大はしゃぎ

VRChat 筆者も訪ねてみましたが、祭りは終わっていて誰もいませんでした

VRChat 弁護士視点でもう1枚。さみしっ!

 トランプ氏はもともと、「弁護団による記者会見はフィラデルフィアのフォーシーズンズで、午前11時から」とTwitterで告知していました。ところが、この投稿はのちに削除され、トランプ氏は新たに「フィラデルフィアのフォーシーズンズ・トータル・ランドスケーピングで記者会見を行う」とツイート。それまで高級ホテルが会場と認識していたメディアを困惑させました。

 どうやら会場の予約時にミスが発生し、名前がホテルとそっくりな造園業者を押さえてしまったと思われます。それでも会見は日程通り催され、大物弁護士が郊外の駐車場で熱弁を振るうシュールな事態となりました。


VRChat 代わりに会場となった造園業者(Googleマップより)。Facebookにて、「記者会見の開催を光栄に思う」とコメントしています。

会見の様子

 世界的な注目を集めたこの珍事を、YouTuberのCoopertom氏がVRChatの題材に。会場の倉庫に貼られた「TRUMP」のポスターまでワールドとして再現し、仲間と祭りを楽しみました。なお、「その名前は見ていられない」からと、現在はポスターの文字が「DUMP」へ変更されています。

 仮想のフォーシーズンズ・トータル・ランドスケーピングには、VRChatの導入後に公式ページの「LAUNCH WORLD」ボタンからアクセス可能。作者は「記者会見に最適な場所」と、皮肉を利かせて紹介しています。


VRChat これが本場のアメリカンジョークか……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.