ニュース
» 2021年01月14日 11時30分 公開

【スポーツで事故った体験談】ロードバイクで初めての山挑戦→下り坂でブレーキかけられず死にかけた、というお話 (1/2)

時速50キロくらいでガードレールに……。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者に「運動/スポーツでアカンことになったお話」を伺う読者募集企画。今回はロードバイク乗りの方から、「山初挑戦の人に必ず語っている」という下山中の事故の体験談を伺いました。

連載:運動/スポーツでアカンことになった話、教えてください

 「体を動かすのは健康に良い」と言われていますが、運動やスポーツには危険がつきもの。「どんな危険があるのか」「注意すべきポイントは何か」に気付くために、いろいろな人の話を聞いてみよう、という企画です。

「ガードレールがなかったらきれいに飛んでいたかと」



 ロードバイク歴約1年で山に初挑戦したとき、カーブに突っ込んだことがあります。おそらく時速50キロくらい出ていました。ガードレールがなかったらきれいに飛んでいたかと。

 筑波山の下山中、耐凍結用にデコボコした道路でうまくブレーキをかけられなくて。ハンドルコントロールがうまくいかず、ほぼ真っすぐカーブのガードレールにぶつかりました。衝突直前はなかなかのパニック状態で、対向車が来ていないことが唯一確認できていたくらいでした。

―― 文章だと伝わりにくいですが、時速50キロで走行中だと、一瞬の出来事でしょうしね。

 その結果、左肩と右足に擦り傷を負って、胴体のあちこちを打撲しました。左肩の擦り傷があったところは、今でもお酒を飲むと赤く浮かび上がるので「聖痕」ってネタにされますw

―― その事故以降、注意にするようになったことは?

 ちょっとした下りでも、いわゆる「下ハン」で持つようにしています。

※編集部注:下ハンとは、ドロップハンドルの握り方の1つ。「下り 下ハン」などでググるとさまざまな情報が出てくるので、本記事では細かな説明は省きますが、この握り方は「ブレーキをかけやすい」「ハンドルをしっかり握れる」ことなどから下山時に有効だといわれています。

 ちなみに、山初挑戦の人には、必ずこの事故の体験談を語っていて。合わせてアドバイスするなら……「ブレーキは、パーツのグレードの高いものをつけるように」が第一ですねw あと初心者の人なら「パーツなどを買うときはネットではなく、なるべくショップで」とかでしょうか。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン